In pursuant to the resolution released by the Inter-Agency Task Force for the Management of Emerging Infectious Diseases (IATF-EID), all travelers from India are restricted from entering the Philippines starting April 29 to May 14 due to the surge of COVID-19 cases in the South Asian nation.
“All travelers coming from India or those with travel history to India within the last fourteen (14) days preceding arrival shall be prohibited from entering the Philippines beginning 0001H of April 29, 2021, until May 14, 2021,” said the Presidential Spokesperson Harry Roque.
The spokesperson further said that those already in transit from India, as well as those with prior travel history to the country, would be exempt from the new restrictions if they arrive before April 29. However, regardless of the COVID-19 Reverse Transcription – Polymerase Chain Reaction (RT-PCR) test result, they must adhere to the strict 14-day facility-based quarantine duration.
Following the discovery of the double-mutant variant in the South Asian nation, India appears to be experiencing an aggressive virus resurgence.
According to Roque, the president may further expand the travel ban from other countries with reported cases of the new variant upon the recommendation of the Department of Health and the Department of Foreign Affairs.

新興感染症管理のための省庁間タスクフォース(IATF-EID)が発表した決議に基づき、南アジアの国でCOVID-19の症例が急増していることから、4月29日から5月14日まで、インドからのすべての旅行者はフィリピンへの入国を制限されています。
“ハリー・ロケ大統領報道官は、「インドからのすべての旅行者、または到着前の過去14日間にインドへの渡航歴がある旅行者は、2021年4月29日の0001Hから2021年5月14日までの間、フィリピンへの入国を禁止する」と述べています。
なお、同報道官によると、すでにインドからトランジットしている人や、過去にインドへの渡航歴がある人は、4月29日以前に到着した場合、新たな規制の対象外となるとのことです。ただし、COVID-19の逆転写-ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)検査の結果にかかわらず、14日間の施設での検疫期間を厳守しなければなりません。
南アジアの国で二重変異型が発見されたことを受けて、インドではウイルスが積極的に再流行しているようです。
ロケ大統領によれば、保健省と外務省の勧告を受けて、新型ウイルスの感染が報告されている他の国への渡航禁止措置をさらに拡大する可能性があるとのことです。

参照元:
https://www.cnnphilippines.com/news/2021/4/27/India-Philippines-travel-ban-COVID-19-outbreak.html
https://newsinfo.inquirer.net/1424512/philippines-bans-travel-from-india-from-april-29-to-may-14