The report from Asian Development Bank forecasted the Philipines economy growth by 4.5% in 2021 and 5.5% in 2022. Consumer and business trust would be restored as a result of significant progress in the country’s vaccine rollout, though concerns about how the pandemic would play out globally and domestically may jeopardize growth prospects.
“Our 4.5% growth forecast is at the lower end of economists’ estimates, so there are upsides to this projection,” said ADB Philippines Country Director Kelly Bird. “Priority should be given to addressing the scarring effects of the pandemic on private sector employment. Programs supporting workers and firms impacted by labor market adjustments and reforms to boost productivity growth and investment will help counter the negative effects of the pandemic on employment over the medium term.”
The government’s expansionary fiscal program and accommodative monetary policy will put the economy on a solid recovery path by the second half of 2021. According to the report, the government’s plans to improve labor market initiatives and assist in the recovery of pandemic-affected sectors such as agriculture and tourism will help the economy recover even faster.
Due to rising global commodity prices and other supply-side factors, inflation is expected to rise to 4.1% in 2021, up from 2.6% in 2020. However, it is expected to ease to 3.5% in 2022 as the government takes measures to address supply-side pressures.

アジア開発銀行のレポートでは、フィリピンの経済成長率を2021年に4.5%、2022年に5.5%と予測しています。アジア開発銀行は、フィリピンの経済成長率を2021年に4.5%、2022年に5.5%と予測しています。これは、世界的な大流行や国内での大流行の影響が懸念されるものの、ワクチン接種が大幅に進んだ結果、消費者や企業の信頼が回復すると考えています。
“ADBフィリピン・カントリー・ディレクターのケリー・バードは、「当社の4.5%という成長率予測は、エコノミストの予測の下限に位置しており、この予測にはプラス面があります」と述べています。”パンデミックによる民間セクターの雇用への傷跡に対処することが優先されるべきです。労働市場の調整や生産性向上のための改革によって影響を受けた労働者や企業を支援するプログラムは、中期的にはパンデミックによる雇用への悪影響に対処するのに役立ちます」と述べています。
政府の拡張的な財政プログラムと緩和的な金融政策により、2021年後半までに経済は堅調な回復経路に入ると考えられます。報告書によると、政府は労働市場への取り組みを改善し、農業や観光などパンデミックの影響を受けた部門の回復を支援する計画で、経済の回復がさらに早まるとしています。
世界的な商品価格の上昇やその他の供給側の要因により、インフレ率は2020年の2.6%から2021年には4.1%に上昇すると予想されます。しかし、政府が供給側の圧力に対処するための対策を講じることにより、2022年には3.5%に緩和すると予想されます。

参照元:
https://www.adb.org/news/philippine-economy-seen-recovering-2021-stronger-growth-2022-adb
https://cnnphilippines.com/business/2021/4/28/ADB-trims-2021-PH-economic-growth-forecast.html