Philippine President Rodrigo Duterte said in a briefing that the Philippines would not go to war with China as it is a ‘good friend’ to the country.

The Chinese government donated most of the first vaccines in the Philippines — the CoronaVac from Sinovac Biotech, a Chinese pharmaceutical firm.

“So China, let it be known, is a good friend and we do not want trouble with them especially a war,” he said.

The President, however, insists that, while the Philippines owes China a debt of gratitude, he will not jeopardize the country’s sovereignty over the disputed West Philippine Sea. 

“But there are things which are not really subject to a compromise like pulling back. It is difficult. I hope they will understand, but I have the interest of my country also to protect,” he added.

Despite China’s demands, Duterte said he would not withdraw military troops patrolling the West Philippine Sea.

His statement sparked a debate among Filipinos on social media, with many criticizing the president for not taking a stronger stance on the issue.

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、ブリーフィングで、中国はフィリピンにとって「良き友」であるため、中国と戦争をすることはないと述べました。
中国政府は、フィリピン初のワクチンである、中国の製薬会社シノバック・バイオテック社のコロナバックのほとんどを寄贈しました。
“中国は良き友人であり、我々は彼らとのトラブル、特に戦争を望んでいないのです」と語った。
しかし大統領は、フィリピンは中国に感謝しているが、論争の的になっている西フィリピン海の主権を危うくすることはないと主張している。
“しかし、撤退のような妥協の余地がないものもあります。それは難しいことです。彼らが理解してくれることを願っていますが、私には守るべき自国の利益もあります」と付け加えました。
中国の要求にもかかわらず、ドゥテルテ氏は西フィリピン海を哨戒している軍部隊を撤退させないと述べた。
この発言は、ソーシャルメディア上でフィリピン人の間で議論を巻き起こし、多くの人がこの問題に対して大統領がより強い姿勢を示さなかったことを批判しました。

参照元:
https://www.aljazeera.com/news/2021/4/29/dutertes-mix-message-on-south-china-sea-dispute-draws-criticism
https://newsinfo.inquirer.net/1425037/meron-tayong-utang-na-loob-duterte-says-china-a-good-friend-ph-wont-go-to-war