Six travelers coming from India who arrived in the Philippines before the travel ban tested positive for COVID-19, confirmed by the Department of Health on Wednesday, May 5.
According to Health Undersecretary Maria Rosario Vergeire, the samples of the six COVID-positive individuals have been submitted to the Philippine Genome Center to determine if they were carrying the B.1.617 variant first found in India.
DOH said there were over 100 travelers from India who entered the country before the 15-day travel ban was imposed on April 29 that are currently under quarantine.
Although the government has eased the travel restrictions for foreign nationals a week ago, this does not apply to travelers from India.
B.1.617 variant dubbed as “double mutant” is widely blamed for the second wave of infection in India. To date, the Philippines has no known record yet of the said variant.
In a weekly update released by the World Health Organization (WHO), the emerging B.1.617 variants were classified as variants under investigation (VUI). This variant includes a characteristic mutation that has been associated with increased transmissibility, a reduction in neutralization by some (but not all)
monoclonal antibody treatments, and a moderate reduction in neutralization in post-vaccination sera in the USA.
It remains unclear how generalizable laboratory-based studies of limited sample sizes, as well as studies of other variants with similar key mutations, are to the wider circulating B.1.617 variants. Further robust studies into the phenotypic impacts of these variants, including impacts on epidemiological characteristics (transmissibility, severity, reinfection risk, etc.) and impact on countermeasures, are urgently needed, the update said.

5月5日(水)、保健省は、インドからフィリピンに到着した旅行者6名がCOVID-19の陽性反応を示したことを確認しました。
マリア・ロサリオ・ベルゲア保健省次官によると、COVID陽性者6名のサンプルは、インドで最初に発見されたB.1.617変異体を保有しているかどうかを判定するために、フィリピン・ゲノム・センターに提出されました。
保健省によると、4月29日に15日間の渡航禁止措置が取られる前に入国したインドからの旅行者のうち、現在検疫を受けている者が100人以上いるとのことです。
なお、政府は1週間前に外国人の渡航制限を緩和しているが、インドからの旅行者には適用されない。
B.1.617は「ダブル・ミュータント」と呼ばれており、インドでの第2波の感染の原因として広く知られています。現在のところ、フィリピンでは、この亜種の発生は確認されていません。
世界保健機関(WHO)が発表したWeekly Updateによると、B.1.617亜種は調査中の亜種(VUI)に分類されています。この亜種には、感染性の増加、一部の(すべてではない)モノクローナル抗体治療による中和の低下、および、一部のモノクローナル抗体治療による中和の低下に関連する特徴的な変異が含まれています。
また、米国ではワクチン接種後の血清で中和率が中程度に低下しています。
限られたサンプル数の実験室ベースの研究や、重要な変異を持つ他のバリアントの研究が、より広く流通しているB.1.617バリアントに対してどの程度一般化できるのかはまだ不明である。疫学的特性(伝染性、重症度、再感染リスクなど)への影響や対策への影響を含め、これらの変異体の表現型への影響について、さらにしっかりとした研究が早急に必要であるとしています。

参照元:
https://www.who.int/publications/m/item/weekly-epidemiological-update-on-covid-19—27-april-2021
https://cnnphilippines.com/news/2021/5/5/India-travel-ban-COVID-19-passengers.html
https://www.philstar.com/headlines/2021/05/05/2096057/doh-six-arrivals-india-test-positive-covid-19