Temple of Leah in Cebu City has been attracting local and foreign tourists because of its Roman-inspired architecture located up in the mountains of Busay. But what is dubbed by some as “Cebu’s Taj Mahal” was build to fulfill a husband’s promise to his wife on her deathbed.
Teodoro Soriano Adarna had it erected to serve as a repository of his spouse’s treasured collections of antiques, books, Chinese jars, and various other art objects. According to their daughter, Arlene Adarna Mangubat that her mother, Leah Albino-Adarna was a hoarder.
“She never threw anything away, even plastic Jolibee spoons,” Mangubat wrote on her social media account.
Mrs. Albino-Adarna was very concerned about her collections and what would happen to them when she was diagnosed with cancer. Before she passed away, her husband committed to build a place that will become a home of all her things. Hence, the construction of the Temple of Leah.
Now, the majestic seven-story structure sitting on a more-than-one-hectare property on top of the mountain is one of the most famous attractions in Cebu.

セブ市のリア神殿は、ブサイ族の山の中にあるローマ風の建築物として、国内外の観光客を魅了している。しかし、「セブのタージマハル」とも呼ばれるこの寺院は、ある夫が妻の死に際に交わした約束を果たすために建てられたものです。
テオドロ・ソリアーノ・アダルナ氏は、骨董品、書籍、中国の壷、その他さまざまな美術品など、夫の大切なコレクションを保管するためにこの建物を建てさせた。娘のアーリーン・アダーナ・マングバットによると、彼女の母、リア・アルビノ=アダーナは物を溜め込む人だったという。
“彼女は何も捨てず、プラスチック製のジョリビー・スプーンさえも捨てませんでした」とMangubat氏は自身のソーシャルメディア・アカウントに書いています。
アルビノ・アダーナさんは、自分ががんと診断されたときに、自分のコレクションがどうなるのかをとても心配していました。彼女が亡くなる前に、彼女の夫は、彼女のすべてのコレクションの家となる場所を作ることを約束しました。それが「リアの神殿」の建設である。
今では、山の上の1ヘクタール以上の敷地に建つ7階建ての荘厳な建物は、セブ島で最も有名な観光スポットのひとつとなっています。

参照元:
https://news.abs-cbn.com/ancx/culture/spotlight/05/02/21/behind-cebus-temple-of-leah-is-a-hoarders-story-and-a-husbands-promise
https://www.zenrooms.com/blog/post/temple-of-leah/