Travelers from Pakistan, Bangladesh, Nepal, and Sri Lanka are banned from entering the Philippines starting May 7 until May 14 to curb the spread of a reported “double mutant” coronavirus strain discovered in India.

“All passengers coming from or who have been to Pakistan, Bangladesh, Nepal, and Sri Lanka within 14 days immediately preceding arrival in the Philippines shall be prohibited from entering the country effective 0001H of 07 May 2021 Manila time until 2359H 12 May 2021,” the memorandum read.

Meanwhile, all Filipino passengers coming from or who have been to the four countries within 14 days prior to arrival in the Philippines before May 7 shall not be denied entry but will be required to undergo an absolute facility-based 14-day quarantine despite obtaining a negative reverse transcription-polymerase chain reaction (RT-PCR) result.

Filipinos and foreign passengers merely transiting through India, Pakistan, Nepal, Sri Lanka, and Bangladesh are not considered to have come from or been to such countries, provided they stayed in the airport the entire time and were not cleared for entry into these countries by their immigration authorities. Upon arrival in the Philippines, these passengers need not complete a full 14-day facility-based quarantine but shall comply with existing testing and quarantine protocols of the national government.

All specimens from travelers from India, Pakistan, Nepal, Sri Lanka, and Bangladesh that test positive in the Philippines will be subjected to whole-genome sequencing. All close contacts must be quarantined in a facility for 14 days, and contact tracing must extend to third-generation contacts.

India, Nepal, Bangladesh, Pakistan, Bhutan, and the island nations of Sri Lanka and Maldives are all part of the Indian subcontinent.

パキスタン、バングラデシュ、ネパール、スリランカからの旅行者は、インドで発見された「二重変異型」コロナウイルスの感染拡大を抑制するため、5月7日から5月14日までフィリピンへの入国が禁止されます。

“パキスタン、バングラデシュ、ネパール、スリランカからフィリピンに到着する直前の14日以内に入国した、または入国したことのあるすべての乗客は、マニラ時間2021年5月7日の0001Hから2021年5月12日の2359Hまで、フィリピンへの入国を禁止する」と覚書に記載されています。

一方、5月7日以前にフィリピンに到着する前の14日間に4カ国から来た、または4カ国に滞在したことのあるフィリピン人乗客は、入国を拒否されないが、逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)の結果が陰性であっても、絶対的な施設による14日間の検疫を受ける必要があるとしている。

インド、パキスタン、ネパール、スリランカ、バングラデシュを通過しただけのフィリピン人および外国人乗客は、空港内にずっと留まっており、各国の入国管理局でこれらの国への入国を許可されなかった場合、これらの国から来た、またはこれらの国に行ったとはみなされません。フィリピンに到着後、これらの乗客は14日間の施設での検疫を完了する必要はありませんが、国の政府の既存の検査・検疫プロトコルに従うものとします。

インド、パキスタン、ネパール、スリランカ、バングラデシュからの旅行者のうち、フィリピンで陽性と判定された人の検体は、すべて全ゲノム配列決定の対象となります。密接な接触者はすべて14日間施設に隔離され、接触者の追跡は3世代目の接触者まで行う必要があります。

インド、ネパール、バングラデシュ、パキスタン、ブータン、そしてスリランカとモルディブは、いずれもインド亜大陸に属しています。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1139252