The ivermectin clinical trial in the Philippines will begin anytime in May and aims to finish by the first quarter of next year.
According to Dr. Jaime Montoya, executive director of the Department of Science and Technology’s research arm, the clinical trial will target “non-severe” COVID-19 patients such as those asymptomatic or with mild symptoms.
Over 1,000 non-severe patients are needed to participate in the clinical trials. This includes mild and asymptomatic patients. Dr. Montoya said, “non-severe cases” have been chosen since most of the cases in the Philippines belong to that category.
“Remember that even asymptomatic cases could get severe. We want to see if Ivermectin could prevent that,” he added.
Dr. Montoya also clarified that their opinion about the use of the anti-parasitic drug for COVID-19 is neutral and the study is going to answer the question if it is going to be useful for Filipino patients infected with the said virus.
A randomized double-blind placebo-controlled trial will be done, which may help health experts to determine if the drug can reduce the number of days the patient will experience symptoms, said the executive director.
It will focus on Metro Manila as it has the most number of virus infections and would be easier to follow up on participants.
Dr. Montoya also pointed out that trials have varying doses and they don’t know what is the best dose for Filipinos, which is usually the lowest dose possible with the best effect.
“It has to be registered first by the FDA and it has to be based on sound evidence. The WHO (World Health Organization) has issued updates that they do not recommend using ivermectin unless it’s in a clinical trial setting,” he said.
There are currently five hospitals allowed by the Food and Drug Administration (FDA) to use ivermectin as an investigational drug to treat COVID-19.

フィリピンにおけるイベルメクチンの臨床試験は、5月に随時開始され、来年の第1四半期までに終了することを目指しています。
科学技術省の研究部門のエグゼクティブ・ディレクターであるハイメ・モントーヤ博士によると、この臨床試験は、無症状または軽度の症状を呈する「非重症」のCOVID-19患者を対象としています。
臨床試験に参加するためには、1,000人以上の非重症患者が必要です。これには、軽度の患者や無症状の患者も含まれます。Montoya博士は、フィリピンではほとんどの症例がこのカテゴリーに属しているため、「重症ではない症例」が選ばれたと述べています。
“症状のない患者でも重症化する可能性があることを忘れないでください。イベルメクチンがそれを防ぐことができるかどうかを確認したい」と付け加えました。
また、モントーヤ博士は、COVID-19に対する抗寄生虫薬の使用についての意見は中立的なものであり、今回の研究は、同ウイルスに感染したフィリピン人患者にイベルメクチンが有用であるかどうかの疑問に答えるものであることを明らかにした。
無作為化二重盲検プラセボ対照試験が行われ、この薬が患者の症状が出る日数を減らすことができるかどうかを医療専門家が判断するのに役立つだろう、と事務局長は述べています。
また、マニラ首都圏はウイルス感染者数が最も多く、参加者の追跡調査が容易であることから、マニラ首都圏に焦点を当てる予定です。
また、モントーヤ博士は、試験によって投与量が異なるため、フィリピン人にとって最適な投与量がわからないと指摘しています。それは、通常、最も効果のある最小の投与量です。
“まずFDAに登録されなければなりませんし、きちんとしたエビデンスに基づいていなければなりません。WHO(世界保健機関)は、臨床試験の場でなければイベルメクチンの使用を推奨しないという最新情報を発表しています」と語った。
現在、COVID-19の治療にイベルメクチンを治験薬として使用することをFDA(米国食品医薬品局)から許可されている病院は5つあります。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1139062
https://news.abs-cbn.com/news/05/04/21/dost-ivermectin-clinical-trial-covid-19