Five Filipino rowers will compete in three events for a possible Olympic berth in the 2021 World Rowing Asian and Oceanian Olympic Qualification Regatta set on May 5-7 at the Sea Forest Waterway in Tokyo Bay, the venue of the Tokyo Olympics rowing competitions.

Melcah Caballero and Joanie Delgaco, who won gold in the women’s lightweight double sculls event at the 2019 Southeast Asian Games, will try to secure one of the three Olympic spots at stake in their division.

The duo of Roque Abala Jr. And Zuriel Sumintac is also vying for the three Olympic tickets in the men’s lightweight double sculls, while Cris Nievarez, 2019 SEA Games gold medalist, is the only Filipino competitor in the men’s lightweight singles sculls event, where five Olympic tickets are up for grabs.

National team coach Ed Maerina stated that the rowers have been training six times a week since February of last year, despite the country’s strict movement restrictions and the postponement of the Tokyo Olympics, all due to the COVID-19 pandemic.

The five rowers hope to follow the footsteps of Maerina and Benjamin Tolentino, the only Filipinos who competed in the Summer Olympics rowing competitions.

5月5日から7日にかけて、東京オリンピックのボート競技会場である東京湾の海の森水上競技場で開催される「2021 World Rowing Asian and Oceanian Olympic Qualification Regatta」で、5人のフィリピン人ボート選手がオリンピック出場の可能性を求めて3つの競技に出場します。

2019年の東南アジア競技大会の女子軽量級ダブルスカル種目で金メダルを獲得したメルカ・カバレロとジョアニー・デルガコは、同部門でかかっている3つのオリンピック出場枠のうちの1つを確保しようとしています。

また、男子軽量級ダブルスカルでは、ロケ・アバラ・ジュニアとズリエル・スミンタックのデュオが3つのオリンピック切符を争っており、5つのオリンピック切符が争われる男子軽量級シングルスカルのイベントでは、2019年SEA GAMESの金メダリストであるクリス・ニエバレスが唯一のフィリピン人競技者です。

代表チームのコーチであるエド・マエリナは、COVID-19パンデミックの影響で、国の厳しい移動制限や東京オリンピックの延期があったにもかかわらず、漕ぎ手たちは昨年2月から週6回のトレーニングを続けてきたと述べています。

5人の選手は、夏季オリンピックのボート競技に出場した唯一のフィリピン人であるマエリナとベンジャミン・トレンティーノの足跡を辿ることを望んでいます。

参照元:
https://cnnphilippines.com/sports/2021/4/23/filipino-rowers-olympic-qualifiers.html