A stand-alone facility for coronavirus (COVID19) patients that need to undergo hemodialysis was launched at the National Kidney and Transplant Institute (NKTI) in Quezon City on Wednesday, May 5.
It has 20 dialysis stations and operates three sessions a day that can service up to 60 patients per day.
“The project is in line with the NKTI’s thrust to improve not only the delivery of its healthcare services for patients but also to provide adequate temporary shelter for its healthcare workers responding to the national emergency,” NKTI said
A 32-bed air-conditioned dormitory complete with amenities for healthcare workers was also opened at the NKTI.
The facility was built using prefabricated panels and has wide hallways, two isolation rooms, and four hepatitis rooms aside from dialysis stations.
The project is also in collaboration with the Department of Health (DOH), and the Inter-Agency Task Force for the Management of Emerging Infectious Diseases (IATF-EID).

5月5日(水)、ケソン市の国立腎臓・移植研究所(NKTI)において、コロナウイルス(COVID19)による血液透析を必要とする患者のための独立した施設が開設されました。
この施設は、20台の透析ステーションを備え、1日3回の透析を行い、1日あたり最大60名の患者に対応することができます。
“このプロジェクトは、患者さんへの医療サービスを向上させるだけでなく、国家的な緊急事態に対応する医療従事者のための適切な一時避難所を提供するという、NKTIの目標に沿ったものです」とNKTIは述べています。
NKTIには、医療従事者のための32床のエアコン付き寮が開設されました。
プレハブパネルを使用したこの施設は、広い廊下、2つの隔離室、4つの肝炎室、透析ステーションを備えています。
このプロジェクトは、保健省と新興感染症管理のための省庁間タスクフォース(IATF-EID)との共同で行われています。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1139191
https://mb.com.ph/2021/05/05/nkti-launches-new-modular-hemodialysis-facility-for-covid-19-patients/