The Bureau of Immigration reminded the public that although the Philippine government loosens certain travel restrictions starting May 1, foreign tourists are still banned from entering the country.
“Foreign tourists are still prohibited from entering the country and said restriction remains effective until it is lifted by the Inter-Agency Task Force on Emerging Infectious Diseases (IATF),” BI Commissioner Jaime Morente said.
He explained that the country only reverted to implementing the travel international guidelines that existed before March 22 when the government reimposed a ban on the entry of all foreigners due to a recent spike in COVID-19 cases in the country.
BI Commissioner also clarified that only aliens with valid and existing visas are currently allowed to enter the Philippines.
“The recent easing of travel restrictions applies only to those aliens who were allowed to come here before March 22 and they should have valid and existing visas at the time of their arrival in our ports of entry,” Morente added.
Travelers who came from India or have a travel history to the said country within the last 14 days preceding their arrival are banned from entering the country until May 14.

フィリピン入国管理局は、フィリピン政府が5月1日から渡航制限を緩和するものの、外国人観光客の入国は依然として禁止されていることを、国民に注意喚起しました。
“移民局のハイメ・モレンテ長官は、「外国人観光客の入国は依然として禁止されており、この制限は新興感染症に関する省庁間タスクフォース(IATF)によって解除されるまで有効である」と述べました。
BI長官のハイメ・モレンテ氏は、最近国内でCOVID-19の症例が急増したため、政府がすべての外国人の入国を再禁止した3月22日以前に存在していた渡航国際ガイドラインの実施に戻っただけだと説明した。
BI長官はまた、現在、有効かつ既存のビザを持つ外国人のみがフィリピンへの入国を許可されていることを明らかにしました。
“最近の渡航制限の緩和は、3月22日以前に入国を許可された外国人にのみ適用され、入国港に到着した時点で有効な既存のビザを持っている必要があります」とモレンテ氏は付け加えました。
また、インドからの旅行者や、入国前14日以内にインドへの渡航歴がある旅行者は、5月14日まで入国が禁止されます。

参照元:
https://immigration.gov.ph/images/News/2021_Yr/05_May/2021May02_May.pdf