The Department of Interior and Local Government (DILG) of the Philippines warned the the local government units and the general public of the existing fake Pfizer vaccines in the market.
“While there is no information yet on the presence of the fake vaccines in the country, LGUs should exercise increased diligence as these fake vaccines may be dangerous to the health of those who get inoculated,” DILG Secretary Eduardo Año said.
The World Health Organization sounded the alarm on a counterfeit COVID-19 vaccine named “BNT162b2,” which claims to be manufactured by Pfizer-BioNTech is in circulation. The fake product which contains lot number “783201” and an expiry date of August 24 was first discovered in Mexico.
WHO said they are still conducting laboratory analysis of the contents of the falsified product.
“WHO requests increased vigilance within the supply chains of countries and regions likely to be affected by these falsified products. Increased vigilance should include hospitals, clinics, health centers, wholesalers, distributors, pharmacies, and any other suppliers of medical products,” the agency had said.
Police forces are also directed to help investigate and confiscate the fake vaccines, if there are reports that they have entered the local market.

フィリピン内務・地方政府省(DILG)は、ファイザー社製の偽ワクチンが市場に出回っているとして、地方自治体や一般市民に警告を発しました。
“DILG長官のEduardo Año氏は、「国内に偽物のワクチンが存在するという情報はまだないが、これらの偽物ワクチンは接種者の健康に危険を及ぼす可能性があるため、LGUはより一層の注意を払うべきである」と述べています。
世界保健機関(WHO)は、ファイザー・バイオンテック社製を名乗るCOVID-19ワクチンの偽造品「BNT162b2」が流通していることに警鐘を鳴らしています。ロット番号「783201」、有効期限「8月24日」のこの偽造品は、メキシコで最初に発見されました。
WHOによると、偽物の内容物については、現在も実験室で分析を行っているとのことです。
“WHOは、これらの偽装製品の影響を受ける可能性のある国や地域のサプライチェーンにおいて、警戒を強めることを要請します。病院、診療所、保健所、卸売業者、販売業者、薬局、その他の医療製品の供給者を含めて警戒を強化する必要があります」と述べています。
また、偽物のワクチンが市場に出回っているとの報告があった場合には、警察も調査や押収に協力するよう指示しています。

参照元:
https://cnnphilippines.com/news/2021/5/2/fake-Pfizer-vaccine-DILG-warning.html
https://www.manilatimes.net/2021/05/02/news/national/dilg-sounds-alarm-on-fake-pfizer-vaccine/869269/