ABS-CBN compound lit up in the network’s color on Wednesday, May 5, 2021, a year after the country’s biggest network was forced to go off-air following the National Telecommunications Commission (NCT)’s cease and desist order after its 25-year franchise lapsed.

Its shutdown caused them to lay off a third of its workforce which is said to be approximately 11,000 employees and lost billions of pesos in ad revenue.
While in the middle of fighting for its franchise life, the network had begun gearing up for its digital transformation and preparing its thousands of workforce should it fail to secure a franchise renewal.

The media giant is now slowly shifting its news and other programs to digital platforms while bringing in new content.

According to the research data from independent rating organizations, the average time spent by Filipinos watching television was four hours every day at the start of the pandemic but slashed out to half when ABS-CBN went off-air.
ABS-CBN was also forced to close 12 local TV Patrol newscasts that delivered the news in regional dialects shortly after its closure.

Meanwhile, there are still pending legislative measures aimed at reviving the broadcasting powerhouse.

2021年5月5日(水)、国内最大のネットワークが、25年間のフランチャイズが失効した後、国家電気通信委員会(NCT)の停止命令を受けて放送停止に追い込まれてから1年後、ABS-CBNのコンパウンドがネットワークの色に点灯しました。

この放送停止により、約11,000人といわれる従業員の3分の1が解雇され、数十億ペソの広告収入が失われました。
フランチャイズの存続をかけて戦っている最中に、ネットワークはデジタルトランスフォーメーションの準備を始め、フランチャイズの更新に失敗した場合に備えて数千人の従業員を準備していました。

大手メディアは現在、ニュースやその他の番組を徐々にデジタルプラットフォームに移行し、新しいコンテンツを導入しています。

独立した格付け機関の調査データによると、フィリピン人がテレビを見る平均時間は、パンデミックが始まった当初は1日4時間だったが、ABS-CBNが放送されなくなると半分になってしまった。
また、ABS-CBNは、放送終了後すぐに、地方の方言でニュースを伝える12のローカルTVパトロールニュース番組の終了を余儀なくされました。

一方で、この放送局の復活を目指した立法措置はまだ保留されている。

参照元:
https://newsinfo.inquirer.net/1427319/abs-cbns-ordeal-and-its-chilling-effect-on-media