Filipino-Japanese karateka bagged the gold medal after beating Moldir Zhangbyrbay of Kazakhstan in a 2-0 victory in the Female Kumite – 50kg final, during the World Karate Federation (WKF) Premier League on May 2, Sunday in Lisbon, Portugal.
The 2019 SEA Games gold medalist made the title round after knocking off the two-time world champion Alexandra Recchia of France in the semifinals on May 1, Saturday.
The victory solidified Tsukii’s chances of qualifying for the Tokyo Olympics, where the top four athletes in the world rankings will gain an automatic slot in the Olympics. She is currently the fifth-best karateka in her division in Asia and tenth overall in the world.
“I have been waiting for this moment for over a year,” she said. “My matches here were very difficult. You can tell that the top karatekas in the world are here.”
Tsukii will also join other national athletes like Jamie Lim and Joan Orbon in the final Olympic Qualifying Tournament set in Paris, France this coming June.

ポルトガルのリスボンで5月2日(日)に開催された世界空手連盟(WKF)プレミアリーグの女子組手-50kg級決勝で、フィリピン人と日本人のカラテカがモルディル・チャンビルベイ(カザフスタン)を2-0で下し、金メダルを獲得しました。
2019年SEA GAMESの金メダリストは、5月1日(土)に行われた準決勝で、2度の世界チャンピオンであるアレクサンドラ・レッチャ(フランス)を倒し、タイトルラウンドに進出しました。
この勝利は、世界ランキングの上位4選手が自動出場枠を獲得する東京オリンピックの出場権獲得の可能性を月井選手が確固たるものにしました。月井選手は、現在、アジアの同階級で5位、世界ランキングでは10位の実力を持っています。
“この瞬間を1年以上待っていました」と彼女は言います。”ここでの試合はとても難しいものでした。世界のトップカラテカがここにいることを実感しています」と語りました。
月井選手は、ジェイミー・リム選手やジョアン・オーボン選手などの他の代表選手とともに、今年6月にフランス・パリで開催されるオリンピック最終予選大会に出場します。

参照元:
https://cnnphilippines.com/sports/2021/5/2/Junna-Tsukii-delivers-gold-in-Lisbon-karate-meet.html?fbclid=lwAR2
https://www.spin.ph/life/guide/olympic-hopeful-junna-tsukii-nabs-gold-in-lisbon-meet-a2442-20210503