Luzon’s first international cruise ship terminal project is now at 50 percent completion despite the restrictions implemented due to the COVID-19 pandemic. The terminal is located between the panoramic Albay Gulf and Mayon Volcano in the Bicol region.
“The project considered as another world-class travel facility is expected to become operational on September 24 this year and the passengers will surely enjoy a full view of the majestic Mt. Mayon when ships dock at the Albay Gulf,” Department of Public Works and Highways (DPWH)-Bicol regional director Virgilio Eduarte said.
The construction of the project started last January, immediately after the initial budget of PHP150 Million out of the PHP450 Million total project cost was released.
“The tourist-drawing project is anticipated to continue because the ‘Build, Build, Build’ program of the government is exempted from the pandemic protocols. The workers must strictly observe the health and safety protocols in the workplace,” RD Eduarte added.
It includes a seaport that can accommodate a 300-meter long tourism cruise ship.
Upon completion of the project, Legazpi City will be the second city after Tagbilaran City in Bohol to have an international passenger cruise ship terminal.

ルソン島初の国際クルーズ船ターミナルプロジェクトは、COVID-19の流行による制限にもかかわらず、現在50%の完成度を誇っています。このターミナルは、アルバイ湾とビコール地域のマヨン火山の間に位置しています。
“アルバイ湾に停泊する船の乗客は、雄大なマヨン山の全景を楽しむことができるでしょう」と、公共事業・高速道路省(DPWH)ビコール地域ディレクターのヴィルジリオ・エドゥアルテは述べています。
このプロジェクトは、総事業費4億5000万PHPのうち、1億5000万PHPの当初予算が発表された直後の昨年1月に建設が開始されました。
“政府の『建設、建設、建設』プログラムは、パンデミックプロトコルから免除されているため、観光客を惹きつけるこのプロジェクトは継続される見込みです。労働者は職場での健康と安全のプロトコルを厳密に守らなければなりません」とRDエドゥアルテは付け加えました。
長さ300メートルの観光クルーズ船を収容できる海港も含まれています。
このプロジェクトが完成すれば、レガスピ市はボホール島のタグビララン市に次いで、国際的な旅客クルーズ船ターミナルを持つ2番目の都市となる。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1138144