Ruel Bermudez, who worked abroad as an IT project manager and senior web developer established a Sole Proprietorship company engaged in providing affordable and effective web-based business IT solutions by developing different online products and services that will be marketed and for targeted users.
He started the Bermudez Software Development in November 2020 when everyone was feeling the downside effect of the pandemic on the economy.
The startup company participated in the government’s funding program called iFWD PH conducted by the Department of Science and Technology and was provided with a total innovation funding of PHP210,329 for the acquisition of hardware, cloud hosting subscription, and vulnerability assessment and penetration testing for the development of the “eBarangayPH System”.

The “eBarangayPH System” is an online information system and an e-governance solution designed to use a systematic approach in managing: resident records, blotters, hearing and settlement records, certificates and permit issuance, resident ID system, information dissemination, and crisis management in the Barangay level, a smallest administrative division in the country.
Bermudez’s counterpart funding will cover web development, marketing, and training, as well as rent and utility expenses.
DOST Secretary Fortunato Dela Peña, the funding that the DOST would provide is a loan, and Bermudez would return the amount with no interest.
The company plans to migrate from a shared server hosting to a dedicated server to accommodate high throughput and concurrency, alongside the development of a mobile application for both android and iOS users.
A technology-based enterprise advisor, who is also an expert in developing management information systems, will be assigned to provide technical assistance to Bermudez’s startup company.

ITプロジェクトマネージャーやシニアウェブ開発者として海外で働いていたRuel Bermudez氏は、市場に出回るさまざまなオンライン製品やサービスを開発することで、手頃で効果的なウェブベースのビジネスITソリューションを提供することに従事する個人事業主の会社を設立しました。
同氏がBermudez Software Development社を立ち上げたのは、パンデミックによる経済への悪影響を誰もが感じていた2020年11月のことでした。
このスタートアップ企業は、科学技術省が実施する「iFWD PH」という政府の資金調達プログラムに参加し、「eBarangayPH System」の開発に必要なハードウェアの取得、クラウドホスティングの契約、脆弱性評価と侵入テストのために、総額210,329PHPのイノベーション資金を提供されました。

eBarangayPH System」は、オンライン情報システムであり、電子政府ソリューションです。このシステムは、国内最小の行政区分であるバランガイ・レベルで、住民記録、ブロッター、聴聞・和解記録、証明書・許可証の発行、住民IDシステム、情報発信、危機管理などを体系的に管理するために設計されています。
Bermudez氏のカウンターパート資金は、ウェブ開発、マーケティング、トレーニングのほか、家賃や光熱費にも充てられます。
DOST長官のFortunato Dela Peña氏によると、DOSTが提供する資金は融資であり、Bermudez氏は無利子で金額を返却するとのことです。
同社は、アンドロイドとiOSの両方に対応したモバイルアプリケーションの開発と並行して、高い処理能力と並行性に対応するために、共有サーバーホスティングから専用サーバーへの移行を計画しています。
なお、Bermudez氏のスタートアップ企業には、経営情報システムの開発に精通した技術系企業アドバイザーが配置され、技術支援を行います。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1138680
https://ebarangayph.com/
https://bermudezsoftwarelabs.com/about-us/