As part of the year-long celebration of the 65th anniversary of the normalization of bilateral ties between Japan and the Philippines, the Embassy of Japan once again urges interested Filipino amateur cooks to submit their entries for the Food and Friendship: The Japan-Philippines 65th Anniversary Online Cooking Contest.

Participants should submit the photo and video entries that focus on Japanese cuisine and/or Filipino-Japanese fusion cooking and will be judged on criteria such as presentation, recipe, and photo or video quality.

The cooking contest will be opened to all Filipino amateur cooks, home cooks, small business owners, culinary students, and food enthusiasts who are willing to prepare and take a photo of a dish as specified in the entry requirement. No age restrictions apply but participants below 18 years old should present a consent form from their parents or guardians. Professional chefs are not allowed to join.

There will be two stages in the contest: the First Round requires contestants to submit photos of their dish, while in the Second Round, the shortlisted candidates from the first round shall submit videos of themselves preparing the dish they previously submitted in the first round as entry.

The final winner shall be determined by Chef Suzuki and will be invited to dine with Ambassador KOSHIKAWA Kazuhiko in his residence, during which the winning dish will be served as part of the menu. The dinner will be subject to health protocols and will be scheduled under the existing community quarantine measures in the area.

Visit Japan Embassy in the Philippines website to check the full contest guidelines.

日本大使館は、日比国交正常化65周年記念事業の一環として、フィリピンのアマチュア料理人を対象とした「食と友情のオンライン料理コンテスト」を開催します。日比国交正常化65周年記念オンライン料理コンテスト」への応募を呼びかけています。

参加者は、日本料理やフィリピンと日本のフュージョン料理をテーマにした写真やビデオを提出し、プレゼンテーション、レシピ、写真やビデオの質などの基準で審査されます。

この料理コンテストは、フィリピンのアマチュア料理人、家庭料理人、中小企業経営者、料理を学ぶ学生、料理愛好家で、応募条件に指定された料理を作って写真を撮ることができる人なら誰でも参加できます。年齢制限はありませんが、18歳未満の参加者は、両親または保護者の同意書を提示する必要があります。また、プロの料理人の参加はできません。

コンテストは2段階に分かれており、第1ラウンドでは料理の写真を提出していただき、第2ラウンドでは、第1ラウンドで最終選考に残った候補者は、第1ラウンドで過去に提出した料理を調理している様子を撮影した動画をエントリーとして提出していただきます。

最終的な優勝者は、鈴木シェフによって決定され、越川和彦大使の邸宅でのディナーに招待され、優勝料理がメニューの一部として提供されます。なお、この夕食会は、保健衛生上の規定に基づき、この地域の既存の地域検疫措置の下で予定されています。

コンテストの詳細については、在フィリピン日本国大使館のウェブサイトをご覧ください。

参照元:
https://pia.gov.ph/press-releases/releases/1074027
https://www.ph.emb-japan.go.jp/itpr_en/11_000001_00378.html
https://www.manilatimes.net/sports/