San-En NeoPhoenix lost by five points against SeaHorses Mikawa as the latter held on to an 80-75 victory on Sunday in the 2020-2021 B.League at Wing Kariya Arena.
The NeoPhoenix’s Filipino import, Thirdy Ravena was set to start in the team’s second straight game but the head coach Branislav Vicentic decided to sit him out in the last minute after sustaining a left knee injury as announced on May 1, Saturday.
San-En had to rely on Kyle Hunt’s 21 points and seven rebounds.
Stevan Jelovac also had 19 points, 16 rebounds, and four assists, but the absences of Thirdy Ravena, Hayato Kawashima, and Nenad Miljenovic were just too much for San-En as they fell to 12-46.
Meanwhile, the Seahorses improved to a a 32-20 record.
Ravena’s fans hope to see him gear up for the team’s final game of the season on Wednesday, May 5 against the Shinshu Brave Warriors. This game was rescheduled as per league COVID-19 protocols after two Shinshu players tested positive for the virus.

三遠ネオフェニックスは、ウイング刈谷アリーナで開催された2020-2021 B.LEAGUEにおいて、シーホース三河に5点差で敗れ、80-75で勝利しました。
ネオフェニックスのフィリピン人選手、サディ・ラベナは、2試合連続で先発出場する予定でしたが、5月1日(土)に発表されたとおり、左膝を痛めていたため、ヘッドコーチのブラニスラフ・ビセンティックは最後の最後で欠場することを決めました。
三遠は、カイル・ハントの21得点、7リバウンドに頼らざるを得ませんでした。
Stevan Jelovacも19点、16リバウンド、4アシストを記録しましたが、Thirdy Ravena、Hayato Kawashima、Nenad Miljenovicらの欠場が響き、三遠は12勝46敗となりました。
一方、シーホースは32勝20敗となりました。
ラベナ選手は、5月5日(水)に行われる信州ブレイブウォリアーズとの今シーズン最後の試合に向けて、ファンの期待に応えてくれます。この試合は、信州の選手2名がウイルスに陽性反応を示したため、リーグのCOVID-19プロトコルに従って試合が変更されました。

参照元:
https://www.rappler.com/sports/game-results-thirdy-ravena-san-en-neophoenix-seahorses-mikawa-may-2-2021
https://www.spin.ph/basketball/mikawa-sweeps-neophoenix-as-thirdy-benched-once-again-a2437-20210502