The Philippines is committed to protecting its rightful claims even without the 2016 Permanent Court of Arbitration (PCA) ruling which disproved China’s holds over the disputed West Philippine Sea, The Department of National Defense said on Thursday, May 6.
This follows President Rodrigo R. Duterte’s statement in his public address on Wednesday night that invoking the 2016 PCA ruling is a waste of time.
“What President Duterte said last night regarding the PCA ruling is correct. There is no international law enforcement body that can enforce it. However, even without the PCA ruling, we will continue to defend what is rightfully ours,” Defense Secretary Delfin Lorenzana said.
In July 2016, the Philippines won its case against China when the Permanent Court of Arbitration rejected the latter’s argument of its sovereign and historic rights over the disputed sea region located within the so-called nine-dashed line.
Duterte also said during his public address that he tried to assert the ruling but gain nothing from it.
“We won. Now, China’s ships are still there in the West Philippine Sea when I assumed office. However, we already withdrew ours. And they are convincing me to pursue the ruling. I pursued it but nothing happened,” he added as translated from the Filipino language.
The 2016 PCA ruling also validated the Philippines’ rights over the Scarborough Shoal, also called Panatag Shoal and Bajo de Masinloc, a group of rock formations found within the Philippines’ 330-kilometer exclusive economic zone.
China’s nine-dashed line claim owns 85.7 percent of the sea region which handles some $5 trillion in global trade passes per year.
“As I said in my previous statement, the President’s orders have been firm and straightforward: we defend what is rightfully ours without going to war and maintain the peace in the seas,” Lorenzana said.
He further said that the Philippine Coast Guard and the Bureau of Fisheries and Aquatic Resources will continue to patrol the West Philippine Sea and the Kalayaan Island Group.

フィリピンは、紛争中の西フィリピン海における中国の領有権を否定した2016年の常設仲裁裁判所(PCA)判決がなくても、正当な主張を守ることを約束していると、国防省が5月6日(木)に発表しました。
これは、ロドリゴ・R・ドゥテルテ大統領が水曜日の夜に行った公開演説で、2016年のPCA判決の発動は時間の無駄であると述べたことを受けたものです。
“ドゥテルテ大統領が昨夜、PCA裁定に関して述べたことは正しい。それを執行できる国際的な法執行機関はありません。しかし、PCA判決がなくても、我々は正当に我々のものであるものを守り続けます」とデルフィン・ロレンザナ国防長官は述べています。
2016年7月、常設仲裁裁判所は、いわゆる9本の破線内に位置する紛争海域に対する主権的・歴史的権利を主張する中国側の主張を退け、フィリピンは中国に勝訴した。
また、ドゥテルテ氏は公の場で、この判決を主張しようとしたが、そこから何も得られなかったと述べています。
“我々は勝った。私が就任したとき、中国の船はまだ西フィリピン海にありました。しかし、我々はすでに撤退している。そして、彼らは私に判決を追求するように説得しています。私はそれを追求しましたが、何も起こりませんでした」と、フィリピン語からの翻訳で付け加えました。
2016年のPCA判決では、スカボロー・ショール(パナタグ・ショール、バホ・デ・マシンロクとも呼ばれ、フィリピンの330キロの排他的経済水域内に見られる岩石群)に対するフィリピンの権利も認められました。
中国は、年間約5兆ドルの貿易額を誇るこの海域の85.7%を領有すると主張している。
“ロレンザナ氏は、「前回の声明で述べたように、大統領の命令は、戦争することなく正当に我々のものであるものを守り、海の平和を維持するという、断固としたものである」と述べた。
さらに、フィリピン沿岸警備隊と漁業水産資源局は、西フィリピン海とカラヤーン島群のパトロールを継続すると述べました。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1139308
https://newsinfo.inquirer.net/1428082/carpio-accepts-dutertes-west-ph-sea-debate-challenge