P2 billion cash assistance has been given to some 506,415 displaced workers in the tourism industry as of May 5, the Department of Tourism chief said.
The agency was allotted P3.1 billion for cash aid to pandemic-hit workers under the Bayanihan 2 program of the government.

P6 billion was allotted as a 4-year to pay working capital loan for small and medium enterprises with zero interest, no collateral, and a 1-year grace period.
Around 4.8 million of the sector’s total 5.7 million workforce were affected by the pandemic, according to the tourism chief.

In February, they were able to include the tourism frontliners on the priority list for vaccination. While the agency is still fighting for other tourism frontliners who are in restaurants, drivers, and media to be included in the list.

5月5日の時点で、観光産業に従事する約50万6415人の離職者に20億ペソの現金支援が行われたと、観光省の責任者が発表した。
観光局は、政府の「バヤニハン2」プログラムに基づき、パンデミックの影響を受けた労働者への現金支援に31億ペソを割り当てられた。

また、60億ペソが中小企業向けの運転資金融資として、4年間の無利子・無担保・1年間の猶予期間付きで割り当てられました。
観光局長によると、570万人の従業員のうち約480万人がパンデミックの影響を受けました。

2月には、観光最前線の人々をワクチン接種の優先リストに加えることができました。しかし、観光局は、レストラン、ドライバー、メディアに従事する他の観光フロントライナーをリストに加えるべく、現在も戦っています。

参照元:
https://news.abs-cbn.com/video/business/05/09/21/p2-billion-cash-aid-given-to-displaced-tourism-workers-dot-chief