Lesser physical activities and more time staying at home is the new normal lifestyle brought by the pandemic. However, experts said lack of exercise and decreased activity lead to other medical conditions like obesity, which may develop Type 2 diabetes mellitus or adult diabetes.
“The pandemic and subsequent lockdown have directly affected diabetes control. There is the lack of accessibility, the limitation of movement and lack of exercise, and an increase in anxiety and fear amongst patients and their families,” Dr. Gilbert Vilela, vice president of the Philippine Heart Association, highlighted during a virtual meeting.
Philippine Statistics Authority data showed that there are 37,265 died due to diabetes mellitus, which ranked fourth in 2020 next to heart diseases with 99,680 deaths; cancer 62,289; and 59,736 deaths caused by cerebrovascular diseases.
Vilela said four million adults in the Philippines are diagnosed with diabetes and common comorbidities and complications with type 2 diabetes, including heart diseases. According to their data, more than 32% of those with type 2 diabetes have cardiovascular complications, while more than 87% are either overweight or obese.
The doctor further said, “For the past three years, ischemic heart disease, cancer, and pneumonia have been listed as the top three causes of death in Filipinos, with diabetes following in fourth place. However, the news here is that the increase in ischemic heart disease is only 2.3 percent, while cancer went down by about 10 percent, and pneumonia by about six percent. Diabetes went up by 7.8 percent.”
According to experts, type 2 diabetes makes up about 85% of patients with diabetes. These patients have multiple risk factors. Some are smokers, some are hypertensive, some have cholesterol problems. Thus, to prevent a non-communicable disease such as diabetes, a healthy lifestyle is recommended.

パンデミックの影響で、体を動かす機会が減り、家に閉じこもる時間が増えたことで、新しいライフスタイルが生まれました。しかし、専門家によると、運動不足や活動量の低下は、肥満などの他の病状を引き起こし、2型糖尿病や成人型糖尿病を発症する可能性があるという。
“パンデミックとその後のロックダウンは、糖尿病のコントロールに直接影響を与えています。フィリピン心臓協会の副会長であるギルバート・ビレラ博士は、仮想会議の中で、「アクセスの悪さ、動きの制限、運動不足、患者とその家族の不安と恐怖の増大」を強調しました。
フィリピン統計局のデータによると、糖尿病による死亡者数は3万7,265人で、2020年には心臓病による死亡者数9万9,680人、がんによる死亡者数6万2,289人、脳血管疾患による死亡者数5万9,736人に次いで第4位となっています。
Vilela氏によると、フィリピンでは400万人の成人が糖尿病と診断されており、心臓病を含む2型糖尿病との一般的な併存疾患や合併症があるという。そのデータによると、2型糖尿病患者の32%以上が心血管合併症を患っており、87%以上が過体重または肥満であるという。
博士はさらに、「過去3年間、フィリピン人の死因のトップ3は、虚血性心疾患、がん、肺炎で、糖尿病は4位に続いていました。しかし、今回のニュースでは、虚血性心疾患の増加率はわずか2.3%で、がんは約10%、肺炎は約6%減少しています。糖尿病は7.8%増加しました。”
専門家によると、2型糖尿病は糖尿病患者の約85%を占めています。これらの患者さんには複数の危険因子があります。喫煙者もいれば、高血圧症の人もいるし、コレステロール値に問題がある人もいます。したがって、糖尿病のような非伝染性疾患を予防するためには、健康的なライフスタイルを送ることが推奨されます。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1139440