A 65-year-old Filipino-American brought back to life after undergoing a successful ‘COVID-to-COVID’ double lung transplant operation in the United States.
Renato Aquino drove himself to the emergency department on May 14, 2020, as he was suffering shortness of breath due to coronavirus.
Aquino was put on a ventilator before being transferred to another hospital for extracorporeal membrane oxygenation (ECMO), a life-sustaining machine that helps support the heart and lungs.
The doctors repeatedly told Aquino’s family to say their “final goodbyes” and begin making funeral arrangements.
His niece brought up a news story about lung transplants being performed on COVID-19 patients at Northwestern Medicine to Aquino’s doctors, and she was then transferred to Northwestern Memorial Hospital in February.
The doctor who performed the procedure said that when the team got a call that lungs were available from a donor who was also diagnosed with the virus, they knew the COVID-to-COVID lung transplant was Renato’s only chance.
“After spending one week on the transplant wait-list, Renato received beautiful, healthy lungs – marking a new milestone for lung transplantation. There’s no evidence of any reactivation of COVID-19 in Renato’s lungs and he’s on track for a full recovery,” the doctor said.
The lung transplant team had performed multiple tests that examined the donor’s lung fluid to ensure the donor had cleared the virus from the body. They also performed a lung biopsy to make sure there is no permanent damage to the donor’s lung.
The donor’s history was reviewed to ensure that the COVID-19 infection was not a severe case.
Exactly one year later, Aquino is now on the road to recovery.

65歳のフィリピン系アメリカ人が、米国で「COVID-to-COVID」両肺移植手術を受けて成功し、息を吹き返しました。
レナート・アキノさんは、2020年5月14日、コロナウイルスによる息切れのため、自ら運転して救急外来を受診しました。
アキノさんは人工呼吸器を装着された後、心肺をサポートする生命維持装置である体外式膜酸素療法(ECMO)のために別の病院に移されました。
医師はアキノの家族に「最後のお別れ」をして、葬儀の準備を始めるように何度も言った。
彼の姪は、ノースウェスタン・メディスンでCOVID-19患者に肺移植が行われているというニュースをアキノさんの医師に持ちかけ、その後2月にノースウェスタン・メモリアル病院に転院した。
手術を担当した医師によると、同じくウイルスと診断されたドナーから肺が入手できるとの連絡を受けたとき、COVIDからCOVIDへの肺移植がレナトさんの唯一のチャンスだと思ったそうです。
“レナート君は、1週間の待機期間を経て、美しく健康な肺を受け取り、肺移植の新たなマイルストーンとなりました。レナートの肺にはCOVID-19の再活性化を示す証拠はなく、彼は完全に回復に向かっている」と医師は述べています。
肺移植チームは、ドナーが体内からウイルスを除去したことを確認するために、ドナーの肺液を調べる複数の検査を行った。また、肺生検を行い、ドナーの肺に永久的な損傷がないことを確認しました。
また、COVID-19の感染が重症化していないことを確認するために、ドナーの病歴を調べた。
それからちょうど1年、アキノは現在、回復への道を歩んでいる。

参照元:
https://mb.com.ph/2021/05/17/fil-am-undergoes-first-known-successful-covid-to-covid-double-lung-transplant/
https://www.sciencetimes.com/articles/31216/20210517/first-covid-double-lung-operation-brought-man-back-life.htm