There are a total of 5,986 rooms from 13 Metro Manila hotels are available for leisure guests or “staycationers” from the National Capital Region and neighboring provinces of Bulacan, Cavite, Laguna, and Rizal—known collectively as the NCR Plus.
Subject to the observance of minimum public health standards, these hotels have been granted a certificate of authority to operate for staycations by the Department of Health: Grand Hyatt Manila, Okada Manila, Shangri-La at the Fort, Nobu Hotel, Joy Nostalg Hotel & Suites Manila, Edsa Shangri-La, Solaire Resort, Hyatt Regency Manila, Nüwa Manila, The Peninsula Manila, Aruga by Rockwell, Sheraton Manila Hotel, and Hilton Manila.
“While the IATF allowed our request to permit leisure travel under the current quarantine condition, we would like to remind everyone that the health and safety of our guests and tourism workers remain the utmost priority. These staycation hotels, all of which are star-rated, have the capacity and have been inspected and oriented on the new normal protocols to ensure this,” Tourism Secretary Bernadette Romulo-Puyat said.
Staycation guests must only come from within the NCR Plus area and must not be below 18 or above 65 years old.
IATF Resolution No. 115-A allowed the “specialized markets” for tourism to operate even while the NCR Plus or the Greater Manila is under general community quarantine with “heightened restrictions”, subject to minimum public health standards. This implementation allows the staycation and point-to-point air travel for leisure from “NCR Plus” to GCQ or modified GCQ areas.
The tourism agency assures that these hotels are not being used as COVID-19 quarantine facilities.

首都圏および近隣のブラカン州、カビテ州、ラグナ州、リサール州(NCRプラス)からのレジャー客、または「滞在者」のために、マニラ首都圏の13のホテルから合計5,986室が提供されています。
これらのホテルは、最低限の公衆衛生基準を遵守することを条件に、保健省からステイケーションのための営業許可証を取得しています。グランドハイアットマニラ、オカダマニラ、シャングリ・ラ・アット・ザ・フォート、ノブ・ホテル、ジョイ・ノスタルグ・ホテル&スイーツ・マニラ、エドサ シャングリ・ラ、ソレア・リゾート、ハイアットリージェンシー・マニラ、ヌワ・マニラ、ザ・ペニンシュラ・マニラ、アルガ・バイ・ロックウェル、シェラトン・マニラ・ホテル、ヒルトン・マニラです。
“IATFは、現在の検疫状況下でのレジャー旅行を許可するという我々の要求を認めましたが、我々は、お客様と観光業従事者の健康と安全が最優先であることを皆様にお伝えしたいと思います。ベルナデット・ロムロ・プヤット観光長官は、「ステイケーションを提供するホテルは、すべて星付きで、その能力を備えており、検査を受けて、新しい通常のプロトコルに従っています。
ステイケーションのお客様は、NCRプラスエリア内にお住まいの方に限られ、18歳未満または65歳以上の方はご利用いただけません。
IATF決議No.115-Aでは、NCRプラスまたはグレーターマニラが一般社会の検疫を受けている間でも、最低限の公衆衛生基準を満たすことを条件に、観光用の「特殊市場」を運営することが認められています。この実施により、「NCRプラス」からGCQまたは修正されたGCQ地域への滞在や、レジャーのためのポイント・ツー・ポイントの航空旅行が可能となった。
観光局は、これらのホテルがCOVID-19の検疫施設として使用されていないことを保証します。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1140723
https://www.rappler.com/business/department-tourism-rooms-available-staycation-metro-manila-may-2021