The Armed Forces of the Philippines and the Eastern Sabah Southern Command (ESSCOM) joined forces to arrest 2 Abu Sayyaf Group sub-leaders and 6 of their followers in Sabah on Saturday, May 8.
The intelligence background was provided by Joint Task Force Sulu, while Malaysian security forces launched a police special operation that resulted in the capture of the eight Filipino suspects in Beaufort, Sabah, before dawn Sunday.
According to Philippine marine brigade commander Colonel Hernanie Songano, the suspects fled to Sabah in March because of “persistent military operations” in their jungle bases in Sulu province.
Sansibar Bensio and Mabar Binda were among the arrested suspects. Both are identified as sub-leaders of the Eastern Sulu-based Abu Sayyaf Group and have been involved in previous clashes with the Philippine military, including the beheading of a marine officer in Sulu in 2011.
Abu Sayyaf Group is considered a national security threat that is responsible for bombings, ransom kidnappings, and beheadings.

フィリピン軍と東部サバ州南部司令部(ESSCOM)が協力して、5月8日(土)にサバ州でアブサヤフグループのサブリーダー2人とその支持者6人を逮捕しました。
情報背景はスールー統合任務部隊が提供したもので、マレーシアの治安部隊は警察の特殊作戦を展開し、日曜日の未明にサバ州ボーフォートでフィリピン人容疑者8人を逮捕しました。
フィリピン海兵隊旅団司令官のヘルナニ・ソンガノ大佐によると、容疑者たちはスールー州のジャングル基地での「執拗な軍事作戦」のため、3月にサバ州に逃亡したという。
逮捕された容疑者の中には、サンシバー・ベンシオとマバー・ビンダが含まれている。両者は、東スールー州を拠点とするアブサヤフグループのサブリーダーとされており、2011年にスールー州で海兵隊員の首をはねる事件など、フィリピン軍との衝突に関与したことがある。
アブサヤフグループは、爆弾テロ、身代金目的の誘拐、斬首などを行う国家安全保障上の脅威とされています。

参照元:
https://www.scmp.com/news/asia/southeast-asia/article/3132998/malaysia-captures-eight-abu-sayyaf-militants-help
https://www.rappler.com/nation/abu-sayyaf-suspects-arrested-sabah-may-8-2021
https://www.arabnews.com/node/1856891/world