India might not resume major exports of COVID-19 at least until October as it is gearing up to providing exclusively for its people, worsening supply shortages from the global COVAX initiative, three government sources said.
The South Asian country stopped vaccine exports a month ago after donating and selling more than 66 million doses, leaving Bangladesh, Nepal, Sri Langka, and Africa among other countries struggling for alternate supply.
Given the country’s shortfall, the World Health Organization, which co-leads COVAX, called on vaccine manufacturers outside India on Monday, May 17 to advance supplies to the program.
According to a source who wished to maintain anonymity, India’s vaccination campaign will now take priority as the country’s total number of coronavirus infections approaches 25 million and the daily death toll reaches an all-time high.
The other two sources said the exact timing for resuming exports will depend on how soon India can control the second wave of cases that has overwhelmed the health system.
According to a spokesman for Serum Institute of India, the world’s largest vaccine manufacturer, the focus, for the time being, is on supplying vaccines to India.
COVAX, co-lead GAVI said at least 140 million doses it had expected from the Serum Institute by the end of May will now remain in India.
The head of UNICEF asked the G7 countries to donate supplies to COVAX as an emergency measure to address a severe shortage caused by disruptions in Indian vaccine exports.

世界的なCOVAXイニシアチブによる供給不足が深刻化しているため、インドは少なくとも10月まではCOVID-19の主要な輸出を再開しないかもしれないと、3人の政府関係者が語った。
南アジアの国は、6,600万回分以上のワクチンを寄付・販売した後、1ヶ月前にワクチンの輸出を停止しており、バングラデシュ、ネパール、スリランカ、アフリカなどの国々が代替供給に苦慮している。
そのため、バングラデシュ、ネパール、スリランカ、アフリカなどの国々では、代替品の供給に苦慮しています。COVAXを共同で主導している世界保健機関は、5月17日(月)にインド以外のワクチンメーカーに、プログラムへの供給を進めるよう呼びかけました。
匿名を希望する関係者によると、インドのコロナウイルス感染者数が2,500万人に近づき、1日の死亡者数が過去最高になっていることから、今後はインドのワクチン接種キャンペーンが優先されることになるという。
他の2人の関係者によると、輸出再開の正確な時期は、インドが医療システムを圧倒している第2波の感染をどれだけ早く抑えられるかにかかっているという。
世界最大のワクチンメーカーであるインド血清研究所の広報担当者によると、当面はインドへのワクチン供給が中心になるとのことです。
COVAX、共同主導のGAVIは、5月末までに血清研究所からの供給を期待していた少なくとも1億4千万回分のワクチンがインドに残ることになったと述べています。
ユニセフの代表は、インドのワクチン輸出の途絶による深刻な不足に対応するため、緊急措置としてG7諸国にCOVAXへの物資提供を要請しました。

参照元:
https://newsinfo.inquirer.net/1433323/exclusive-india-unlikely-to-resume-sizable-covid-19-vaccine-exports-until-october-sources
https://www.rappler.com/world/south-central-asia/india-unlikely-resume-sizable-coronavirus-vaccine-exports-october