As India struggles with the world’s highest number of daily infections of the novel coronavirus, new complications appear to be escalating piling pressure on hospitals.
Indian authorities are strictly monitoring the rare fungal disease hitting COVID-19 patients called Mucormycosis, or “black fungus” which usually infects people whose immune system has been compromised, causing blackening or discoloration over the nose, blurred or double vision, chest pain, breathing difficulties, and coughing blood.
Doctors believe that the use of steroids to treat severe COVID-19 cases is to blame for the surge in cases because the drugs reduce immunity and raise blood sugar levels.
Pharmacists are warning of a critical drug shortage to treat an invasive fungal infection that preys on patients with compromised immune systems.
Health Secretary Lav Agarwal did not give the number of the Mucormycosis cases nationwide but Maharashtra, one of the states worst hit in the second wave of coronavirus infections, has reported 1,500 cases of it.
The total caseload in India is 25.77 million, ranking second only to the United States. Deaths increased by 3,874 overnight, bringing the total to 287,122.

新型コロナウイルスの1日の感染者数が世界最多となったインドでは、新たな合併症が発生し、病院の経営を圧迫しているようだ。
インド当局は、COVID-19の患者を襲っている希少な真菌症である「ムコールマイコーシス(黒真菌)」を厳しく監視している。ムコールマイコーシスは通常、免疫力が低下した人が感染し、鼻の上が黒く変色したり、視界がぼやけたり二重に見えたり、胸の痛み、呼吸困難、血の混じった咳などの症状が出る。
医師は、COVID-19の重症患者の治療にステロイドを使用することで、免疫力が低下し、血糖値が上昇するため、患者数が急増していると考えています。
薬剤師は、免疫力の低下した患者を襲う侵襲性真菌感染症を治療するための重要な薬剤が不足していると警告しています。
ラヴ・アガルヴァル保健長官は、全国のムコ多糖症患者の数を明らかにしなかったが、コロナウイルス感染症の第2波で最も被害の大きかった州の一つであるマハラシュトラ州では、1,500件の患者が報告されているという。
インドの総症例数は2,577万件で、米国に次いで2番目に多い。死亡者数は一晩で3,874人増加し、287,122人となりました。

参照元:
https://www.rappler.com/world/south-central-asia/india-coronavirus-updates-may-20-2021
https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-05-20/cascade-of-rare-complications-deepen-india-s-covid-misery