The Canadian government allowed Carlo Escario, a Filipino frontline health worker to stay until he gets his second shot of the COVID-19 vaccine. This after the public started a movement against his deportation which was supposedly scheduled on May 13 due to misinterpretation in his application. The petition gathered around 8,000 signatures.
The 36-year old is a hemodialysis assistant who was later assigned as an intensive care unit worker at Toronto General Hospital and received his first dose of Pfizer-BioNTech vaccine. He was supposed to be administered the second shot on June 11.
Escario, thru his lawyer requested a 40-day deferral of his deportation and was initially denied by the Canada Border Services Agency (CBSA).
But on Thursday evening, while checking in his bags to get in the plane bound for Manila, he received a call from CBSA informing him that he could stay until June 22 instead.
Escario’s lawyer is not sure who rendered the decision but believes “that the social media campaign certainly attracted the government’s attention and played a large role in this outcome.”
Escario is originally from Quezon City, Philippines who arrived in Toronto in 2017. He has worked at Toronto General Hospital since 2014.

カナダ政府は、COVID-19ワクチンの2回目の接種を受けるまで、フィリピンの第一線で働く医療従事者であるカルロ・エスカリオ氏の滞在を許可しました。これは、5月13日に予定されていた彼の国外追放が、申請書の誤訳によるものであることを受けて、一般市民が反対運動を起こしたためです。この嘆願書には約8,000人の署名が集まりました。
この36歳の男性は、血液透析のアシスタントをしていましたが、その後トロント総合病院の集中治療室の職員として配属され、ファイザー・バイオンテック社のワクチンの初回投与を受けました。彼は6月11日に2回目のワクチンを接種することになっていました。
エスカリオさんは、弁護士を介して、国外退去の40日間の延期を要求し、カナダ国境サービス庁(CBSA)から当初は拒否されました。
しかし、木曜日の夜、マニラ行きの飛行機に乗るために荷物を預けていると、CBSAから電話があり、6月22日まで滞在できることを知らされました。
エスカリオの弁護士は、誰がこの決定を下したのかはわからないが、「ソーシャルメディアでのキャンペーンが政府の注目を集め、この結果に大きな役割を果たしたのは確かだ」と考えている。
エスカリオはフィリピンのケソン市出身で、2017年にトロントに到着しました。2014年からトロント総合病院に勤務しています。

参照元:
https://www.rappler.com/nation/canada-postpones-filipino-frontliner-deportation-may-13-2021
https://usa.inquirer.net/71107/canada-halts-filipino-front-line-workers-deportation-after-public-outcry