Singapore said that children are likely more susceptible to coronavirus variants such as the B.1.617, which was first detected in India as it’s returning to the lockdown condition, shutting most schools starting this week and working on plans to vaccinate the young ones.
As of Sunday, May 16, Singapore has reported 38 cases bringing a total of 193 domestic cases this month which is higher than the 55 infections in April and nine in March. Many of those confirmed new cases in recent weeks tested positive for the India variant or B.1.617.
All primary, secondary and junior colleges will shift to full home-based learning from Wednesday, May 19 until the end of the school term on May 28.
“Some of these [virus] mutations are much more virulent, and they seem to attack the younger children,” said Education Minister Chan Chun Sing.
Though Singapore’s daily cases remain a fraction of those reported by its Southeast Asian neighbors, infections have been on the rise in recent weeks.
However, the pace of vaccine supply arrivals limits the speed of their inoculation program.
According to the Health Minister Ong Ye Kung, their experts are studying the possibility of extending the interval between the first and second doses of Covid-19 vaccines so that it can vaccinate more people with its available supply amid rising infection numbers.
More than one-fifth of the country’s population has completed the two-dose vaccination regimen using Pfizer-BioNTech and Moderna vaccines.

シンガポールは、インドで初めて検出されたB.1.617のようなコロナウイルスの亜種の影響を子供たちが受けやすい可能性が高いとし、今週からほとんどの学校を閉鎖してロックダウン状態に戻し、幼い子供たちにワクチンを接種する計画に取り組んでいます。
5月16日(日)現在、シンガポールでは38人の感染者が報告されており、今月の国内感染者数は193人となり、4月の55人、3月の9人を上回りました。ここ数週間で新たに確認された感染者の多くは、インド変異型(B.1.617)の陽性反応を示しています。
すべての小・中・高等学校は、5月19日(水)から5月28日(金)の学期末まで、完全な家庭学習に移行します。
“チャン・チュンシン教育相は、「これらの(ウイルスの)突然変異の中には、より毒性の強いものがあり、幼い子供たちを攻撃しているようだ」と述べています。
シンガポールの1日あたりの感染者数は、東南アジアの近隣諸国で報告されている感染者数の数分の1に過ぎませんが、ここ数週間は感染者数が増加しています。
しかし、ワクチンの入荷ペースが遅いため、接種プログラムのスピードに限界があります。
Ong Ye Kung保健相によると、感染者数が増加している中で、供給可能なワクチンでより多くの人に接種できるよう、Covid-19ワクチンの1回目と2回目の接種間隔を延長する可能性を専門家が検討しているとのことです。
なお、ファイザー・バイオンテック社とモデナ社のワクチンを使用した2回接種は、全人口の5分の1以上が完了しています。

参照元:
https://www.scmp.com/week-asia/health-environment/article/3133695/coronavirus-singapore-close-schools-wednesday-amid
https://newsinfo.inquirer.net/1432680/singapore-warns-children-susceptible-to-virus-variants-shuts-schools?utm_medium=Social&utm_source=Twitter#Echobox=1621224322-1