The upwelling of hot volcanic fluids in the Main Crater Lake of Taal Volcano and active degassing from fumaroles on the Main Crater that produced 300-meter-tall steam-laden plumes since the daybreak of May 18, the Philippine Institute of Volcanology and Seismology (Phivolcs) reported.
For the past 24 hours, 288 earthquakes have been recorded in the active volcano as the agency warned that elevated unrest has been recurring. The earthquakes include 39 low-frequency volcanic earthquakes and 249 volcanic tremors with durations of one to 20 minutes, as well as “low-level background tremor.
“Most of these earthquakes were very shallow and generated within five kilometers beneath Taal Volcano Island or TVI and northeast Taal Lake,” said Phivolcs.
Alert level 2 or “increased unrest” is maintained over the volcano which sudden steam-driven or phreatic explosions, volcanic earthquakes, minor ashfall, and lethal accumulations or expulsions of volcanic gas can occur and threaten areas within and around the TVI.
Considering these conditions, Phivolcs advised that entry into the Taal Volcano Island, Taal’s permanent danger zone, especially the vicinities of the main crater and the Daang Kastila fissure, and occupancy and boating on Taal Lake remained strictly prohibited.

フィリピン火山地震研究所(Phivolcs)の報告によると、タール火山の主火口湖における高温の火山流体の上昇と、主火口上の噴気孔からの活発な脱ガスにより、5月18日の明け方から高さ300メートルの蒸気を含んだ噴流が発生した。
この24時間の間に、活火山で288回の地震が記録されており、同機関は上昇気流の不安が繰り返されていると警告している。この地震には、39回の低周波火山性地震と249回の継続時間が1分から20分の火山性震動、そして “低レベルのバックグラウンドの震動 “が含まれています。
“これらの地震のほとんどは非常に浅いもので、タール火山島(TVI)とタール湖北東部の地下5キロ以内で発生している」とフィボルチ氏は述べている。
警戒レベル2、すなわち「不安の増大」が火山の上で維持されており、突然の蒸気による爆発や水蒸気爆発、火山性地震、小規模な降灰、致死的な火山ガスの蓄積や噴出などが発生し、TVI内や周辺地域を脅かす可能性がある。
このような状況を考慮し、Phivolcsは、タアル火山島、タアルの恒久的な危険地帯、特に主火口とダアンカスティーラ裂け目の周辺への立ち入り、タアル湖での宿泊やボート遊びを厳しく禁止しています。

参照元:
https://newsinfo.inquirer.net/1433084/phivolcs-records-288-quakes-in-taal-volcano-amid-elevated-unrest
https://news.abs-cbn.com/news/05/18/21/taal-volcano-emits-300-meter-steam-laden-plumes-elevated-unrest-recurring-phivolcs