A newly discovered quasicrystal formed by the first nuclear explosion on July 16, 1945, at the Trinity test site in the New Mexico desert, could someday help scientists better understand illicit nuclear explosions and reduce nuclear proliferation.
“Understanding another countries’ nuclear weapons requires that we have a clear understanding of their nuclear testing programs,” said Terry C. Wallace, director emeritus of Los Alamos National Laboratory and co-author of the paper about the discovery.
The newly discovered material was formed accidentally during the first atomic bomb test, which resulted in the fusion of surrounding sand, the test tower, and copper transmission lines into trinitite, a glassy material.
In crystals, the atoms are arranged in a pattern that repeats itself in three dimensions. Quasicrystals, first discovered in the 1980s, have an atomic structure of the constituent elements, but the pattern is not periodic.
The quasicrystal, created by the Trinity explosion in a sample of red trinitite, has 5-fold rotational symmetry, which is not possible in a natural crystal.

ニューメキシコ州の砂漠にあるトリニティ実験場で1945年7月16日に行われた最初の核爆発によって形成された準結晶が新たに発見され、科学者が不正な核爆発の理解を深め、核拡散を減少させるのに役立つ日が来るかもしれない。
“ロスアラモス国立研究所の名誉所長で、今回の発見に関する論文の共著者であるテリー・C・ウォレスは、「他国の核兵器を理解するには、その国の核実験プログラムを明確に理解する必要がある」と述べています。
今回発見された物質は、第1回目の原爆実験の際に、周囲の砂や実験塔、銅製の送電線などが融合して、ガラス状のトリニタイトという物質に偶然に形成されたものである。
結晶は、原子が3次元的に繰り返されるパターンで配列されている。1980年代に発見された準結晶は、構成元素の原子構造を持っているが、そのパターンは周期的ではない。
トリニティ爆発で赤いトリニタイトのサンプルから作られた準結晶は、天然の結晶ではありえない5回の回転対称性を持っている。

参照元:
https://www.forbes.com/sites/davidbressan/2021/05/18/newly-discovered-quasicrystal-was-created-by-the-first-nuclear-explosion-at-trinity-site/?sh=6cc3a714a9dd
https://phys.org/news/2021-05-newly-quasicrystal-nuclear-explosion-trinity.html