One of the Philippines’ top tourist destinations, Baguio City received a safe travels stamp certificate of compliance from the World Travel and Tourism Council (WTTC) and the Department of Tourism (DOT).
“The Safe Travels Stamp is a specially designed stamp which will allow travelers to recognize governments and businesses around the world which have adopted health and hygiene global standardized protocols — so consumers can experience ‘Safe Travels’,” said OIC DOT-Cordillera Director Jovy Ganongan in a post on social media on Wednesday.
WTTC is a forum for the travel and tourism industry which consist of members from the global business industry. The organization known as the only forum to represent private sectors worldwide, works with the governments to raise awareness about travel and tourism.
According to Ganongan, the certification started after the world was struck by the Covid-19 pandemic, making the safety of travelers an important offering that destinations can give to local and international travelers and tourists.
“The certificate is given to destinations and businesses that are aligned with the core requirements and industry-specific protocols, in this case, by the tourism industry,” she said.
Baguio City with the provinces in Region 1 was the first tourism destination that opened doors to visitors through the “Ridge and Reef travel bubble” — a program that established a system to ensure the safety and security of tourists through online registration, which provides tourists with information such as the requirements of local government units, authorized establishments to stay in, and other relevant information related to safe travel.

フィリピン有数の観光地であるバギオ市は、世界旅行観光評議会(WTTC)と観光局(DOT)から、安全な旅行のためのスタンプの認証を受けました。
“OIC DOT-Cordillera DirectorのJovy Ganonganは、水曜日のソーシャルメディアへの投稿で、「Safe Travels Stampは、健康や衛生面で世界的に標準化されたプロトコルを採用している世界中の政府や企業を旅行者が認識できるように特別にデザインされたスタンプで、消費者は『安全な旅行』を体験することができます」と述べました。
WTTCは旅行・観光業界のためのフォーラムで、世界のビジネス界からのメンバーで構成されています。世界の民間セクターを代表する唯一のフォーラムとして知られており、各国政府と協力して旅行・観光に関する意識向上に努めています。
ガノンガン氏によると、この証明書は、世界的にコビッド・19パンデミックに見舞われた後に始まったもので、旅行者の安全を確保することは、観光地が国内外の旅行者や観光客に提供できる重要なことだという。
“この証明書は、中核となる要件と業界固有のプロトコル(この場合は観光産業)に沿った観光地や企業に与えられます」と彼女は述べています。
バギオ市は、リージョン1の各州とともに、「リッジ・アンド・リーフ・トラベル・バブル」を通じて観光客に門戸を開いた最初の観光地でした。このプログラムは、オンライン登録を通じて観光客の安全と安心を確保するシステムを確立したもので、観光客に地方自治体の要件や宿泊許可施設など、安全な旅行に関連する情報を提供しています。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1140024