Both public and private sectors have strengthened their commitments to shifting to renewable energy as concerns on individual health and environmental welfare increased amid the pandemic.
In line with this commitment, a very notable move made by the Department of Energy (DoE) in 2020 was its moratorium on endorsements for greenfield coal power plants. Declared by Secretary Cusi last October, the moratorium is driven by the need for the country “to shift to a more flexible power supply mix.”
“This would help build a more sustainable power system that will be resilient in the face of structural changes in demand and will be flexible enough to accommodate the entry of new, cleaner, and indigenous technological innovations,” Mr. Cusi said.
According to the DoE, renewable energy (RE) accounted for 33% of the country’s Total Primary Energy Supply in 2019. In terms of the country’s power capacity mix, meanwhile, Mr. Cusi shared in a virtual Energy Investment Forum last December that renewable energy’s share as of 2020 stands at 29.2%, with hydro contributing the most at 14.6% and followed by geothermal 7.5%, solar at 4%, wind at 1.7%, and biomass at 1.4%.
To further ensure the goals of heightening the commitment to renewable, the DoE has set new targets in its latest National Renewable Energy Program (NREP). From a 54% target by 2040, announced last December, the updated NREP proposed a target of 55.8% by 2040 and 37.3% by 2030. The current NREP, spanning from 2011 to 2030, targets to bring the share of RE to 35% by the end of that period.
In addition, the Philippines revised its target of reducing greenhouse gases (GHG) by 75% between 2020 and 2030.Among other gases, GHG covers carbon dioxide and methane, which have been observe to come from using traditional energy sources.

フィリピンでは、パンデミックの影響で個人の健康や環境への関心が高まったため、官民ともに再生可能エネルギーへの移行を進めています。
これに伴い、2020年にエネルギー省(Department of Energy:DOE)が行った注目すべき動きは、石炭発電所の建設承認の一時停止です。昨年10月にクーシ長官が宣言したこのモラトリアムの背景には、”より柔軟な電源構成に移行する “というニーズがあります。
“これにより、需要の構造的な変化に対応できる弾力性があり、新しくクリーンな独自の技術革新の参入にも柔軟に対応できる、より持続可能な電力システムを構築することができる」とクスィー長官は述べている。
DoEによると、2019年の同国の総一次エネルギー供給量に占める再生可能エネルギー(RE)の割合は33%でした。また、昨年12月に開催された仮想エネルギー投資フォーラムでは、2020年時点での再生可能エネルギーの割合は29.2%で、水力が14.6%と最も多く、次いで地熱が7.5%、太陽光が4%、風力が1.7%、バイオマスが1.4%となっていることが紹介されました。
再生可能エネルギーへの取り組みを強化するという目標をさらに確実なものにするために、政府は最新の国家再生可能エネルギープログラム(NREP)で新たな目標を設定しました。昨年12月に発表された2040年までの54%という目標から、今回のNREPでは、2040年までに55.8%、2030年までに37.3%という目標が提示されました。現在のNREPは2011年から2030年までの期間で、同期間終了までにREの割合を35%にすることを目標としています。
また、フィリピンでは、2020年から2030年の間に温室効果ガス(GHG)を75%削減するという目標を修正しました。GHGには、伝統的なエネルギー源の使用によって発生する二酸化炭素やメタンが含まれます。

参照元:
https://www.bworldonline.com/philippines-further-shift-to-clean-energy/
https://manilastandard.net/index.php/business/power-technology/353277/companies-begin-shift-to-renewable-energy.html