Filipino taekwondo jin Kurt Barbosa won against hometown bet Zaid Alhalawani to clinch the Tokyo Olympics berth on Saturday, May 22, in the Asian Olympic Qualification Tournament at Amman, Olympic
In the men’s -58kg event, the 2019 Southeast Asian (SEA) Games gold medalist rallied from a 41-26 deficit in the third round to take the lead in the final eight seconds of the match and seal the win at 50-49.
Barbosa’s victory makes him the lone Filipino taekwondo bet who will compete in Tokyo. He is also the ninth Filipino athlete to qualify for the international sporting event.
He joins eight other Filipino athletes bound for Tokyo – pole vaulter EJ Obiena, gymnast Carlos Yulo, boxers Eumir Marcial, Irish Magno, Nesthy Petecio, and Carlo Paalam, weightlifting star and 2016 Rio Olympic silver medalist Hidilyn Diaz, and rower Cris Nievarez.

フィリピンのテコンドージン、カート・バルボサは、5月22日(土)、アンマンで開催されたアジア・オリンピック予選大会で、地元を賭けたザイド・アルハラワニに勝利し、東京オリンピックの出場権を獲得しました。
男子-58kg種目では、2019年東南アジア(SEA)大会の金メダリストが、第3ラウンドで41-26の劣勢から立ち直り、試合の最後の8秒間でリードを奪い、50-49で勝利を決めました。
バルボサ選手の勝利により、東京大会に出場するフィリピン人テコンドー選手のベットはバルボサ選手一人となりました。バルボサ選手は、東京大会に出場する唯一のフィリピン人テコンドー選手であり、国際大会への出場権を得た9人目のフィリピン人選手でもあります。
バルボサ選手は、棒高跳びのEJオビエナ選手、体操のカルロス・ユロ選手、ボクシングのエウミール・マルシャル選手、アイリッシュ・マグノ選手、ネスティ・ペテシオ選手、カルロ・パーラム選手、重量挙げのスター選手で2016年リオ五輪銀メダリストのヒディリン・ディアス選手、漕ぎ手のクリス・ニエバレス選手の8人のフィリピン人選手とともに東京に向かいます。

参照元:
https://www.rappler.com/sports/kurt-barbosa-clinches-tokyo-2020-olympics-berth-semifinals-may-22-2021
https://cnnphilippines.com/sports/2021/5/22/Kurt-Barbosa-qualifies-for-Tokyo-Olympics.html