The Philippine-based food manufacturing giant Monde Nissin Corp. Is in discussions with Singapore state investment fund GIC Pte and Hong Kong insurer AIA Group Ltd. To become cornerstone investors in what could be the country’s biggest-ever initial public offering.
Fidelity International and Capital Group Cos. Are also in discussions to buy stock in the offering.
Monde Nissin set a final price of P13.50 per share for its IPO, according to a stock exchange filing. This would put the Philippine food company on track to raise P48.6 billion ($1 billion) as shown in the Bloomberg data.
At 48.6 billion pesos, the IPO will overtake SM Investments Corp.’s 28.8 billion pesos offering in 2005, the Philippines’ biggest to date as the data shows.
Monde Nissin’s shares are expected to begin trading on June 7, according to an earlier prospectus.

フィリピンの食品製造大手、モンド・ニッシン・コーポレーション(Monde Nissin Corp. は、シンガポールの国営投資ファンドであるGICと香港の保険会社であるAIAグループとの間で、フィリピン史上最大の新規株式公開(IPO)の礎となる投資家になるための協議を行っています。
フィデリティ・インターナショナルとキャピタル・グループ・コスも また、Fidelity InternationalとCapital Group Cosも株式の購入を検討しています。
証券取引所に提出された書類によると、モンドニッシンはIPOの最終価格を1株あたり13.50ペソに設定した。これにより、ブルームバーグのデータに示されているように、フィリピンの食品会社は486億ペソ(10億ドル)の資金調達に成功したことになります。
486億ペソとなると、2005年にSM Investments Corp.が行った288億ペソの公募を上回り、データが示すようにフィリピンでのこれまでの最大規模となる。
目論見書によると、モンド・ニッシンの株式は6月7日に取引が開始される予定です。

参照元:
https://mb.com.ph/2021/05/11/monde-nissin-attracts-institutional-investors-to-p48-6-billion-ipo/
https://www.bworldonline.com/monde-nissin-attracts-gic-fidelity-to-1-billion-ipo/