The HIV response in the Philippines has proven to be challenging during the time of the COVID-19 pandemic as access to HIV prevention and treatment services is also affected.
Data from the Joint United Nations Program on HIV/AIDS or UNAIDS show the Philippines has the fastest-growing HIV epidemic in Asia and the Pacific region. Infections have increased by more than 200% from 2010 to 2019.
According to the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria, in Metro Manila coverage of HIV prevention services for gay men and other men who have sex with men has decreased by 74% since 2019. Government figures show that compared to 2019, in 2020 HIV testing decreased by 61%, and enrolment in HIV care reduced by 28%.
According to a UNAIDS article, the community-led services, the Philippines Department of Health, local government units, and other treatment hubs and support groups are collaborating to ensure the continuity of HIV services during the pandemic.
They are conducting blended services that included online counseling and onsite services covered prevention commodities, testing services, treatment, and medical care. This also included providing psychosocial services, which have seen a sharp rise in demand since the first COVID-19 outbreak.

フィリピンでは、HIVの予防・治療サービスへのアクセスにも影響が出るため、COVID-19の大流行時にはHIVへの対応が困難になることがわかっています。
国連合同エイズ計画(UNAIDS)のデータによると、フィリピンはアジア・太平洋地域で最も急速にHIV感染が拡大している国です。2010年から2019年にかけて、感染者数は200%以上増加しています。
世界エイズ・結核・マラリア対策基金によると、マニラ首都圏では、2019年以降、ゲイ男性やその他の男性と性交渉を持つ男性に対するHIV予防サービスのカバー率が74%減少しています。政府の数字によると、2019年に比べ、2020年にはHIV検査が61%減少し、HIVケアへの登録が28%減少しています。
UNAIDSの記事によると、パンデミック中のHIVサービスの継続性を確保するために、コミュニティ主導のサービス、フィリピン保健省、地方政府単位、その他の治療拠点や支援団体が協力しているとのこと。
コミュニティ主導のサービスでは、オンラインでのカウンセリングと、予防商品、検査サービス、治療、医療をカバーするオンサイトサービスを組み合わせたサービスを行っています。また、COVID-19の最初の発生以来、需要が急増している心理社会的サービスの提供も含まれています。

参照元:
https://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2021/may/20210511_philippines
https://cnnphilippines.com/videos/2021/5/13/Addressing-HIV-epidemic-in-the-Philippines.html