The first luxury resort in the Eastern Visayas region is opening in San Vicente in Northern Samar, the town known for its pink sand.
The Sila Island Resort in this town will welcome tourists and visitors looking for a relaxing holiday in a luxurious environment.
“You can position Northern Samar, like some places such as Sila Island, as a destination for the high-end market,” Department of Tourism (DOT) Eastern Visayas regional director Karina Rosa Tiopes said. “Mass tourism is okay but having a responsible tourism development by attracting fewer guests but high spending will generate the same benefit to communities,” she added.
The management is eyeing to open the resort within May.
The foreign-owned resort has villas featuring contemporary Filipino architecture and cutting-edge design using locally sourced materials such as bamboo and rattan. Guests will have their own butler to assist them while they are staying on the island.
Northern Samar is one of the six provinces in Eastern Visayas blessed with natural wonders, however, only a few people are aware of the beautiful sites, according to DOT.

東ビサヤ地域初の高級リゾートが、ピンクの砂で知られる北サマールのサンビセンテにオープンします。
この町にある「Sila Island Resort」は、贅沢な環境でリラックスした休日を過ごしたい観光客や旅行者を迎え入れます。
“観光局(DOT)東ビサヤ地域ディレクターのカリーナ・ローザ・ティオプス氏は、「シラ・アイランドのような北サマールを、ハイエンド市場向けのデスティネーションとして位置づけることができます」と語った。”マス・ツーリズムもいいですが、責任ある観光開発を行うことで、ゲストの数は少なくても消費額が多ければ、地域社会に同じ利益をもたらすことができます」と付け加えた。
経営陣は、5月中のリゾートオープンを目指している。
この外資系リゾートには、現代フィリピンの建築様式と、竹や籐などの地元の素材を使った最先端のデザインのヴィラがあります。また、滞在中は専属のバトラーがサポートしてくれます。
北サマールは、自然の驚異に恵まれた東ビサヤの6つの州のうちの1つですが、DOTによると、その美しい場所を知っている人は限られているとのことです。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1139849