The Philippine central bank is expected to keep its benchmark interest rate at a record low amidst the country’s projected slow recovery from the recession due to pandemic and steady inflation last month.
In a Reuters poll, all 13 economists surveyed predicted the BSP will keep the rate on its overnight reverse repurchase facility at 2 percent for a fourth straight meeting.
“We expect the BSP to remain on hold … with the central bank likely noting the appropriateness of current monetary policy settings as the country battles the ongoing wave of (COVID-19) infections,” J.P. Morgan economists said in a note.
The surge of coronavirus cases in March has forced the Philippine government to reimpose more stringent measures in the capital region, where 13 million people in 16 cities and the account for 40% of the country’s economic output has been greatly affected.
While the economy is forecast to bounce back this year, some economists said the rebound may disappoint, with a slow vaccine rollout adding to growth concerns.

フィリピンの中央銀行は、パンデミックによる景気後退からの回復が遅れていると予測され、先月のインフレ率も安定している中、基準金利を過去最低水準に維持すると予想されています。
ロイターの調査によると、13人のエコノミスト全員が、BSPは4回連続で夜間のリバース・レポ・ファシリティの金利を2%に維持すると予測しています。
“J.P.モルガンのエコノミストは、「BSPはホールドを継続すると予想している…中央銀行は、国が現在進行中の(COVID-19)感染症の波と戦っている中で、現在の金融政策設定の適切さに言及する可能性が高い」とメモに書いている。
3月にコロナウイルスの感染者が急増したことで、フィリピン政府は首都圏でより厳しい対策を再実施せざるを得なくなりました。首都圏では16の都市に住む1,300万人が生活しており、同国の経済生産高の40%を占めていることから、大きな影響を受けています。
今年は経済が立ち直ると予測されていますが、一部のエコノミストは、ワクチン展開の遅れが成長懸念に拍車をかけ、反発は期待外れに終わるかもしれないと述べています。

参照元:
https://www.reuters.com/article/philippines-economy-rates/poll-philippines-c-bank-expected-to-keep-rates-at-record-low-to-support-economy-idUSL4N2MX1DF
https://www.philstar.com/business/2021/05/09/2096834/bsp-seen-keep-rates-record-lows
https://news.abs-cbn.com/business/05/10/21/bsp-rates-steady-ph-recession-reuters-poll