Filipino rower Cris Nievarez was just as surprised as the rest of the Philippine Rowing Association when the news came out he has secured a spot for the Summer Tokyo Olympic in July.
The World Rowing confirmed on Monday, May 10, the 2019 SEA Games gold medalist is qualified for one of the five slots in the Olympics and will be competing in the men’s single sculls event.
Nievarez and the rest of the Philippine rowing team thought their attempt for the Tokyo Games ticket in the 2021 Asia Oceania Continental Olympic Qualification Regatta in Tokyo, Japan was a failure after he placed only ninth overall in the men’s singles sculls. However, he received a berth since Japan, which secured places in four events, and Iran, which earned three podium finishes, were allowed only two seats each.
“This is a historic day for Philippine rowing,” said Philippine Rowing Association (PRA) President Patrick Gregorio. “Let this be the start of the growth of rowing in the Philippines.”
The 21-year-old gold medalist is the third rower to play in the Olympics after Ed Maerina (in Seoul, 1988) and Benjamin Tolentino Jr. (in Sydney, 2000).
Nievarez is the country’s eighth Filipino athlete to qualify for the Summer Tokyo Olympics, together with pole-vaulter EJ Obiena, gymnast Caloy Yulo, boxers Eumir Marcial, Irish Magno, Nesthy Petecio and Carlo Paalam, and 2016 Rio weightlifting silver medalist Hidilyn Diaz.
The Tokyo Olympics rowing competition is happening from July 23 to July 30 at Sea Forest Waterway.

フィリピンの漕ぎ手であるクリス・ニエバレスは、7月に開催される夏季東京オリンピックの出場権を確保したというニュースが流れたとき、他のフィリピン漕艇協会のメンバーと同様に驚きました。
ワールドローイングは5月10日(月)、2019年SEA GAMESの金メダリストがオリンピックの5つの枠のうちの1つに出場する資格を得て、男子シングルスカル種目に出場することを確認しました。
ニーバレス選手をはじめとするフィリピンのボートチームは、日本の東京で開催された2021年アジア・オセアニア大陸オリンピック予選レガッタで、男子シングルスカルで総合9位にとどまったことから、東京大会の切符への挑戦は失敗に終わったと考えていました。しかし、4種目で入賞した日本と、3種目で表彰台に上がったイランには、それぞれ2席しか与えられなかったため、彼は出場権を得たのです。
“フィリピンローイング協会(PRA)のパトリック・グレゴリオ会長は、「これはフィリピンのローイングにとって歴史的な日です」と語った。”これをきっかけに、フィリピンのローイングが発展していくように。”
21歳の金メダリストは、エド・マエリナ(1988年ソウル)、ベンジャミン・トレンティーノ・ジュニア(2000年シドニー)に続き、オリンピックで活躍した3人目のローワーである。
ニーバレス選手は、棒高跳びのEJオビエナ選手、体操のカロイ・ユロ選手、ボクシングのユーミール・マルシャル選手、アイリッシュ・マグノ選手、ネスティ・ペテシオ選手、カルロ・パーラム選手、2016年リオの重量挙げ銀メダリストのヒディリン・ディアス選手とともに、夏の東京オリンピックへの出場権を獲得した同国8人目のフィリピン人選手です。
東京オリンピックのボート競技は、7月23日から7月30日まで、シーフォレスト・ウォーターウェイで行われています。

参照元:
https://www.philstar.com/sports/2021/05/10/2097192/rower-chris-nievarez-gets-surprise-tokyo-olympic-slot
https://cnnphilippines.com/sports/2021/5/10/Filipino-Rower-Cris-Nievarez-Tokyo-Olympics.html
https://www.rappler.com/sports/philippine-rowing-cris-nievarez-tokyo-2020-olympics