The Department of Health (DOH) said that it has identified the thirteen close contacts of the Filipino seafarer from Oman who tested positive for the B.1.617 variant first detected in India. These passengers were on the same flight with the 37-year old OFW who arrived in the Philippines on April 10.
In an interview, the chief of the health department clarified that close contact in an airplane means the distance of four seats behind, and four seats in front, and the one person beside as the protocol.
DOH is verifying the results of the reverse transcription-polymerase chain reaction (RT-PCR) test of the 13 close contacts upon their arrival in the country.
Meanwhile, the agency is still trying to have access to the flight manifest of the other 58-year-old OFW who arrived in the Philippines from the United Arab Emirates on April 29, the chief said.
According to DOH, both cases have already recovered from COVID-19.

フィリピン保健省(DOH)は、インドで初めて検出されたB.1.617亜型に陽性反応を示したオマーン出身のフィリピン人船員の近親者13人を特定したと発表しました。これらの乗客は、4月10日にフィリピンに到着した37歳の海外勤務者と同じ便に搭乗していました。
保健省のチーフは、インタビューの中で、飛行機内での密接な接触とは、後ろの4席と前の4席の距離を意味し、プロトコルとしては横の1人を意味することを明らかにしました。
保健省は、13人の密接な接触者について、入国後に逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)検査の結果を確認している。
一方、4月29日にアラブ首長国連邦からフィリピンに到着したもう一人の58歳の海外フィリピン人労働者のフライトマニフェストを入手しようとしていると、保健省は述べています。
保健省によると、2例ともCOVID-19からすでに回復しているとのことです。

参照元:
https://www.rappler.com/nation/doh-identifies-close-contacts-ofw-covid-19-india-variant
https://newsinfo.inquirer.net/1430802/doh-verifying-test-results-of-13-co-passengers-of-ofw-with-india-covid-19-variant