Senator Risa Hontiveros said that Japan remains to be the country’s top provider of official development assistance (ODA) and infrastructure development partner, followed by the Asian Development Bank, World Bank, and South Korea.
Beijing’s ODA only amounted to $600-million, according to the government’s Investor Relations Office report.
Sen. Hontiveros said that the Malacañang should stop portraying China as the primary source of aid and loans to the Philippines. She also pointed out that the “Build, Build, Build” project to which Duterte’s administration said China is an “important ingredient”, had only begun constructing nine (9) out of 75 planned projects.
The poor completion rate was already brought up in the Senate’s plenary deliberations on the proposed 2020 budget, she added.
The lawmaker also emphasized that the country doesn’t owe China disproving the President’s statement that the Philippines has a debt of gratitude to the former.
“Let’s not allow anyone, least of all our own officials, to tell us that we owe China a great deal. We must, at all times, put our country’s interests first,” Hontiveros said.

リサ・ホンティベロス上院議員は、フィリピンの政府開発援助(ODA)のトップは依然として日本であり、インフラ整備のパートナーでもあり、アジア開発銀行、世界銀行、韓国がそれに続くと述べた。
政府のIR報告書によると、北京のODAは6億ドルにとどまっている。
ホンティベロス上院議員は、マラカニアンは中国をフィリピンへの援助や融資の主要な供給源として描くのはやめるべきだと述べた。また、ドゥテルテ政権が中国を「重要な要素」としている「建設、建設、建設」プロジェクトは、75の計画プロジェクトのうち9つしか建設が始まっていないと指摘した。
完成率の低さは、2020年予算案に関する上院の本会議審議でもすでに取り上げられていた、と彼女は付け加えた。
また、同議員は、フィリピンは中国に恩義があるという大統領の発言を否定し、中国に恩義はないと強調しました。
“中国に大きな借りがあるなどと、特に自国の政府関係者に言われないようにしましょう。我々は、常に自国の利益を最優先しなければならない」とホンティベロス氏は述べた。

参照元:
https://mb.com.ph/2021/05/17/japan-is-phs-top-provider-of-aid-not-china-hontiveros/