The Department of Health is enforcing a ‘brand agnostic’ vaccination campaign in which local government units will not divulge the brand of COVID-19 doses of vaccine before inoculation in vaccination sites.
This is the solution of the authorities to avoid the same situation in Metro Manila where a huge crowd flocked to the immunization post for the Pfizer shots.
DOH Undersecretary said that what should be announced by the local officials is for those to be vaccinated to go to the site and be administered with whatever vaccine is available there. If the individual doesn’t like the vaccine being offered then he/she should go to the end of the line.
Authorities were concerned after large crowds swamped to jab sites in Manila and Parañaque subsequent to the announcement the local officials made that they are giving Pfizer-made vaccines.
However, Dr. Albert Domingo, a health systems specialist, cautioned that not announcing the vaccine brand “or any medical product a person is about to be given risks violating the principles of informed consent.”
The Pfizer-BioNtech has shown a 95% efficacy in preventing symptomatic COVID infection after doses and appeared to be more or less equally effective across age groups.

保健省は、「ブランド不可知論」の予防接種キャンペーンを実施しており、地方自治体は予防接種会場での接種前にCOVID-19用量のワクチンのブランドを明かさないことになっている。
これは、マニラ首都圏でファイザー社の注射を求めて大勢の人が予防接種ポストに押し寄せたのと同じ状況を避けるための当局の解決策である。
保健省の次官によると、地元の職員が発表すべきことは、予防接種を受ける人はその場所に行って、そこにあるワクチンを接種することである。もし、提供されたワクチンが気に入らない場合は、列の最後尾に並ぶことになります。
ファイザー社製のワクチンを接種すると発表したマニラとパラニャーケの予防接種会場には、大勢の人が押し寄せたため、当局は懸念を抱いていました。
しかし、医療システムの専門家であるアルバート・ドミンゴ博士は、ワクチンの銘柄を発表しないことは、”患者が投与されようとしているいかなる医療製品も、インフォームド・コンセントの原則に反する危険性がある “と警告しています。
Pfizer-BioNtech社は、投与後の症候性COVID感染の予防に95%の有効性を示し、年齢層に関係なくほぼ同等の効果があると思われます。

参照元:
https://www.cnnphilippines.com/news/2021/5/19/DOH-brand-agnostic-policy.html
https://newsinfo.inquirer.net/1434045/brand-agnostic-vaccination-eyed-after-big-pfizer-crowd