Around 287 Chinese ships allegedly to be maritime militia were seen scattered within and outside the Philippines’ exclusive economic zone, the National Task Force for the West Philippine Sea (NTF-WPS) reported on Wednesday, May 12.
The task force said that bigger groupings of Beijing’s vessels were spotted at the artificial islands of China, in areas near Philippine-occupied islands, and other areas including the Julian Felipe (Whitsun) Reef.
In his previous statement, presidential spokesperson Harry Roque said that the Julian Felipe Reef is not part of the Philippine EEZ. This was countered by the NTF-WPS in their report which read, “The JFR is a low tide elevation (LTE) located 175 NM from Bataraza, Palawan and within our 200 NM EEZ. It is part of Philippine territory in as much it is located within the overlapping 12 NM territorial seas of McKennan (Chigua) Reef and of another possible high-tide feature, Grierson (Sin Cowe East) Reef, also our territories under the municipality of Kalayaan.”
Nevertheless, the NTF-WPS encourages fishermen to continue sailing and fishing in the country’s waters as they will pursue strengthening their presence in the West Philippine Sea and protecting their safety and welfare.

西フィリピン海国家タスクフォース(NTF-WPS)が5月12日(水)に発表したところによると、フィリピンの排他的経済水域の内外で、海上民兵とされる約287隻の中国船が散在していることが確認された。
NTF-WPSによると、中国の人工島、フィリピン領の島々、ジュリアン・フェリペ(ウィットサン)礁を含むその他の地域で、北京の船の大きな群れが目撃されたという。
ハリー・ロケ大統領報道官は前回の声明で、ジュリアン・フェリペ礁はフィリピンのEEZに含まれていないと述べた。これに対してNTF-WPSは、「JFRは、パラワン州バタラザから175海里離れた低潮位(LTE)であり、200海里のEEZ内にある。JFRは、パラワン州バタラザから175海里離れた場所にある低潮位(LTE)で、200海里のEEZ内にあり、マッケナン(チグア)リーフと高潮位の可能性があるグリアソン(シン・コー・イースト)リーフの12海里の領海に重なっていることから、フィリピンの領土の一部であり、カラヤーンの自治体の下にあるフィリピンの領土でもある」としている。
しかし、NTF-WPSは、西フィリピン海での存在感を強め、安全と福祉を守ることを追求するため、漁業者が国の水域で航海や漁を続けることを奨励しています。

参照元:
https://cnnphilippines.com/news/2021/5/12/287-Chinese-militia-ships-West-Philippine-Sea-May-9.html
https://www.philstar.com/headlines/2021/05/12/2097742/287-chinese-militia-ships-scattered-across-west-philippine-sea-task-force