The Philippines expects a bulk shipment of Pfizer’s COVID-19 vaccines to arrive in the country before the month ends, vaccine czar Carlito Galvez Jr. said on Thursday, May 13.
The delivery of 2.2 million doses of the American-made vaccines will be facilitated by COVAX, a global initiative led by the World Health Organization, vaccine alliance Gavi, and the Coalition for Epidemic Preparedness Innovations.
The next delivery of more or less 2.2 million is before the end of the month, he informed.
Should it push through, this will be the country’s second shipment of Pfizer vaccines this month. The first shipment of 193,000 doses arrived on May 9, and it is currently being rolled out in several areas.
Pfizer’s vaccine needs ultra-cold freezers with temperatures of minus 70 degrees Celsius or lower, which are not yet commonly available throughout the country. It’s important to keep the vaccines at the right temperature during storage and distribution to ensure their efficacy.

フィリピンでは、ファイザー社のCOVID-19ワクチンが月末までに大量に到着する見込みであることを、ワクチン担当のカルリト・ガルベス・ジュニア氏が5月13日(木)に発表しました。
このアメリカ製ワクチン220万回分は、世界保健機関(WHO)、ワクチン同盟Gavi、疫病対策革新連合が主導する世界的なイニシアチブであるCOVAXによって促進される。
次の220万人分は今月末までに納品されるとのこと。
これが実現すれば、今月2回目のファイザー社製ワクチンの出荷となります。5月9日に到着した19万3,000人分の最初の出荷は、現在いくつかの地域で展開されています。
ファイザー社のワクチンは、摂氏マイナス70度以下の超低温冷凍庫が必要ですが、これはまだ国内では一般的に入手できません。ワクチンの有効性を確保するためには、保管・流通時に適切な温度を保つことが重要です。

参照元:
https://cnnphilippines.com/news/2021/5/13/Pfizer-COVAX-Philippines-vaccines.html