Microsoft has announced the retirement of Internet Explorer, the browser it created more than 25 years ago and which is now largely abandoned as people prefer competitors such as Google Chrome or Apple Safari.
“We are announcing that the future of Internet Explorer on Windows 10 is in Microsoft Edge,” the company said in a blog post, referring to its other browser.
“Not only is Microsoft Edge a faster, more secure, and more modern browsing experience than Internet Explorer, but it is also able to address a key concern: compatibility for older, legacy websites and applications,” Microsoft said.
Microsoft said that as of June 15, 2022, Internet Explorer will be retired and no longer be supported by the company. But Internet Explorer-based websites and applications will work with Edge at least until 2029, Microsoft said, because many organizations have websites based on the soon-to-retire browser.

マイクロソフト社は、25年以上前に開発され、現在ではGoogle ChromeやApple Safariなどの競合製品に見捨てられているブラウザ「Internet Explorer」の引退を発表しました。
“Windows 10におけるInternet Explorerの未来は、Microsoft Edgeにあることを発表します」と同社はブログ記事で述べています。
“Microsoft Edgeは、Internet Explorerよりも速く、安全で、最新のブラウジング体験を提供するだけでなく、重要な懸念事項である、古いレガシーなWebサイトやアプリケーションの互換性にも対応することができます」とMicrosoftは述べています。
マイクロソフト社によると、2022年6月15日をもって、Internet Explorerは引退し、同社によるサポートは終了する。しかし、Internet ExplorerをベースにしたWebサイトやアプリケーションは、少なくとも2029年まではEdgeで動作するとMicrosoft社は述べています。なぜなら、多くの組織が間もなく引退するブラウザをベースにしたWebサイトを持っているからです。

参照元:
https://news.abs-cbn.com/business/05/21/21/microsoft-retires-internet-explorer-browser