The Manila City Human Milk Bank provided pasteurized human milk to babies transferred from the fire-ravaged Philippine General Hospital (PGH) to city-run district hospitals.
A fire broke out at the Philippine General Hospital, the country’s largest COVID-19 referral hospital, early Sunday morning, May 16. A total of fourteen fire trucks responded to the scene. The fire was declared under control at 2:46 A.M. and was put out at 5:41 A.M. No one was reported hurt.
According to the Sta. Ana Hospital Director Dr. Grace Padilla, about 12 babies from the neonatal intensive care unit are currently under the care of Sta. Ana Hospital, two of whom were considered critically ill twins. She said the milk supply was sourced from the Justice Jose Abad Santos General Hospital, where the local government’s milk bank is located.
The doctor assured parents that all babies have name tags in order to avoid switching, and also assured their mothers that all babies are in proper condition.

マニラ市のヒューマン・ミルク・バンクは、火災に見舞われたフィリピン総合病院(PGH)から市が運営する地区病院に移送された赤ちゃんに低温殺菌されたヒューマン・ミルクを提供しました。
5月16日日曜日の早朝、国内最大のCOVID-19紹介病院であるフィリピン総合病院で火災が発生しました。合計14台の消防車が現場に駆けつけました。火災は午前2時46分に鎮圧宣言が出され、午前5時41分に鎮火しましたが、負傷者はいませんでした。
スタ・アナ病院のグレース・パディラ院長によると、新生児集中治療室にいた約12人の赤ちゃんがスタ・アナ病院で治療を受けており、そのうち2人は重症の双子とされています。彼女によると、ミルクの供給は、地方政府のミルクバンクがあるJustice Jose Abad Santos General Hospitalから調達しているとのことです。
医師は、赤ちゃんが入れ替わらないように、すべての赤ちゃんに名札をつけていることを両親に保証し、また、すべての赤ちゃんが適切な状態にあることを母親に保証しました。

参照元:
https://pia.gov.ph/news/articles/1075472
https://cnnphilippines.com/news/2021/5/16/PGH-fire.html