The United States government, through the US Agency for International Development (USAID), launched four development solution projects in the Philippines worth PHP280 million (USD5.7 million).
“As we celebrate the 75th anniversary of US – Philippines diplomatic relations, we look forward to furthering our productive collaboration with Philippine civil society organizations as we continue to pursue inclusive and resilient growth for Filipinos,” USAID Philippines Deputy Mission Director Patrick Wesner said.
Among these projects are livelihood activities, like the organic vegetable farm to help families affected by the 2017 Marawi siege.
The USAID-supported projects aim to empower local organizations to try new, unique approaches to address development challenges in their communities such as: “Coalescing Organizations towards Locally Led Actions to Boost Development” project, which will employ data and evidence to advance development in 10 sites located in Sorsogon, Leyte, Eastern Samar, Misamis Oriental, and Sultan Kudarat over a period of two and a half years; the two-year “Facilitating Local Access to Water” project to run from 2021 to 2023 to help local partners in Tublay, Benguet achieve reliable access to safe drinking water; the “Assets, Agency and Trust,” a two-year action-research project, which will use consultations and networking activities to mobilize local resources and drive development activities across the country; and the three-year “Capacitating Strategic Organizations to Strengthen the Civil Society Organization Sector” project, which will run from 2021 to 2024 to empower civil society organizations to effectively deliver services and sustain development results in Iloilo City and Cagayan de Oro City.
The US Embassy in Manila said the initiatives are in addition to the US-funded Generating Rural Opportunities by Working with Cooperatives program, launched last year to expand rural livelihood opportunities and increase food security as part of Local Works. Local Works is USAID’s flagship locally-led development effort, which utilizes the creativity and resourcefulness of local communities and enables them to drive their development.

米国政府は、米国国際開発庁(USAID)を通じて、フィリピンで2億8,000万PHP(570万米ドル)相当の4つの開発ソリューションプロジェクトを開始しました。
“USAIDフィリピン副代表のパトリック・ウェスナーは、「米比外交関係樹立75周年を迎えるにあたり、フィリピンの市民社会組織との生産的な協力関係をさらに強化し、フィリピン人のための包括的で弾力的な成長を追求していきたいと思います」と述べました。
これらのプロジェクトの中には、2017年のマラウィ包囲事件で被害を受けた家族を支援するための有機野菜農場のような生計向上活動があります。
USAIDが支援するプロジェクトは、以下のような地域社会の開発課題に対処するために、新しい独自のアプローチを試みる地元の組織を強化することを目的としています。”ソルソゴン州、レイテ州、東サマール州、ミサミス・オリエンタル州、スルタン・クダラット州にある10カ所の地域で、2年半かけてデータと証拠を用いて開発を進める「開発を促進するための地元主導の行動に向けた組織の連携」プロジェクトや、ベンゲット州トゥブレイの地元パートナーが安全な飲料水への確実なアクセスを実現するために、2021年から2023年までの2年間にわたって実施される「地元の水へのアクセスを促進する」プロジェクト。また、2021年から2024年までの3年間の「市民社会組織セクター強化のための戦略的組織の能力強化」プロジェクトでは、イロイロ市とカガヤンデオロ市で市民社会組織が効果的にサービスを提供し、開発成果を持続できるようにするための能力強化を行います。
マニラの米国大使館によると、これらの取り組みは、米国が資金提供している「Generating Rural Opportunities by Working with Cooperatives(協同組合との協働による農村機会の創出)」プログラムに加えて、「Local Works(ローカル・ワークス)」の一環として、農村での生活機会を拡大し、食料安全保障を向上させるために昨年開始されたものです。ローカル・ワークスはUSAIDの代表的な地域主導型の開発活動であり、地域社会の創造性と資源を活用し、地域社会が開発を推進できるようにするものです。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1139541
https://www.canadianinquirer.net/2021/05/07/usaid-launches-four-local-projects-worth-p280-m/