A blood clotting incident after receiving an AstraZeneca COVID-19 vaccine allegedly took the life of a 39-year-old British woman in Cyprus, the official Cyprus News Agency reported on Monday, May 24.
Charalambos Charilaou, the spokesperson for the state health services, told CNA that the European Medicines Agency (EMA) would investigate the death.
The woman who was not named was treated at Nicosia General Hospital’s intensive care unit. She received the first dose of the vaccine on May 6 in the resort town of Paphos on the western coast of the Mediterranean island. She then suffered symptoms days later.
Cyprus health authorities have begun an investigation to see if the “serious thrombotic episode” was linked to the AstraZeneca jab.
Some countries have restricted or discontinued AstraZeneca shots rollout due to extremely rare blood clots, despite the EMA’s assertion that the benefits outweigh the risks.
AstraZeneca is the backbone of the vaccination program in Cyprus, where family doctors also allowed to administer the jab to anybody aged over 20.
But many people booking online to get the vaccine have preferred other vaccine brands over AstraZeneca.

キプロスでアストラゼネカ社のCOVID-19ワクチンを接種した後に血栓症が発生し、39歳の英国人女性が死亡したと、5月24日(月)にキプロス通信社が報じました。
国の保健サービスのスポークスマンであるCharalambos Charilaou氏は、欧州医薬品庁(EMA)がこの死亡事故を調査するとCNAに述べました。
名前が公表されていない女性は、ニコシア総合病院の集中治療室で治療を受けていました。この女性は5月6日に地中海の西海岸にあるリゾート地パフォスでワクチンの初回投与を受けました。その後、数日後に症状が出たとのことです。
キプロスの保健当局は、この「重篤な血栓症のエピソード」がアストラゼネカ社のワクチンと関連しているかどうかの調査を開始しました。
アストラゼネカ社の注射は、EMAが「有益性がリスクを上回る」と主張しているにもかかわらず、極めて稀な血栓症のために、展開を制限または中止した国もあります。
アストラゼネカ社は、キプロスでの予防接種プログラムを支えています。キプロスでは、家庭医も20歳以上の人に予防接種を行うことができます。
しかし、オンラインでワクチン接種を予約した人の多くは、アストラゼネカ社ではなく他のブランドのワクチンを希望しています。

参照元:
https://newsinfo.inquirer.net/1436056/british-woman-dies-in-cyprus-after-astrazeneca-jab
https://www.arabnews.com/node/1863796/world