At least one Filipino was among the nine people killed in a recent mass shooting in California, the Department of Foreign Affairs (DFA) confirmed Thursday, May 27.
A transit employee opened fire at a rail yard for commuter trains in San Jose, California, killing nine of his coworkers and injuring at least one, before taking his own life. Media outlets identified the suspect as Samuel Cassidy, a 57-year-old maintenance worker at the yard.
The gunman opened fire early at around 06:45 local time (14:45 GMT) on Wednesday in the VTA light rail yard. The attack allegedly unfolded during an employee meeting.
“What’s clear, as the president has said, is that we are suffering from an epidemic of gun violence in this country, both from mass shootings and in the lives that are being taken in daily gun violence that doesn’t make national headlines,” White House spokeswoman Karine Jean-Pierre told reporters.
The shooting was the most recent in a string of mass shootings in the United States. In the last three months, at least eight fatal shootings have been reported.

5月27日(木)、外務省は、カリフォルニア州で発生した銃乱射事件で死亡した9人の中に、少なくとも1人のフィリピン人が含まれていたことを確認しました。
カリフォルニア州サンノゼ市の通勤列車用操車場で、交通機関の職員が銃を乱射し、同僚9人が死亡、少なくとも1人が負傷した後、自らも命を絶ちました。報道機関は、容疑者を同操車場の整備員であるサミュエル・キャシディ(57歳)と特定しました。
犯人は、現地時間水曜日の06:45(日本時間14:45)頃、VTAライトレールヤードで早速銃を乱射しました。この事件は、従業員のミーティング中に発生したとされています。
“ホワイトハウスのカリーン・ジャンピエール報道官は記者団に対し、「大統領が述べたように、この国では銃による暴力が蔓延しており、大量殺人だけでなく、全国的なニュースにならないような日常的な銃による暴力で命が奪われていることが明らかになっている」と述べました。
今回の銃乱射事件は、米国で相次いで発生している大量殺人事件の中で最も新しいものです。この3ヵ月間で、少なくとも8件の銃撃による死亡事故が報告されています。

参照元:
https://globalnation.inquirer.net/196558/at-least-1-filipino-among-8-dead-in-california-shooting-dfa
https://www.bbc.com/news/world-us-canada-57260869