German scientists claim to have discovered the source of rare blood clots linked to COVID-19 vaccines developed by Johnson & Johnson, the University of Oxford, and AstraZeneca. As a result, They also believe they have discovered a way for the producers to modify their shots so that the clots no longer occur.
The researchers, in a study not yet reviewed by experts, said COVID-19 vaccines that employ adenovirus vectors – cold viruses used to deliver vaccine material – send some of their payloads into the nucleus of cells, where some of the instructions for making coronavirus proteins can be misread. The resulting proteins could potentially trigger blood clot disorders in a small number of recipients, they suggest.
In their paper, researchers from the Goethe-University of Frankfurt and other institutions explained that vaccines based on a different technology known as messenger RNA (mRNA), such as those developed by BioNTech SE with partners Pfizer Inc and Moderna Inc, deliver the genetic material of the coronavirus spike protein only to the fluid found inside cells, rather than the nucleus of the cells. “All mRNA-based vaccines should represent safe products,” the paper said.
The paper suggests that vaccine makers using adenovirus vectors could modify the sequence of the spike protein “to avoid unintended splice reactions and to increase the safety of these pharmaceutical products.”
Johnson & Johnson, in an emailed statement, said: “We are supporting continued research and analysis of this rare event as we work with medical experts and global health authorities. We look forward to reviewing and sharing data as it becomes available.” AstraZeneca declined to comment.

ドイツの科学者は、ジョンソン・エンド・ジョンソン社、オックスフォード大学、アストラゼネカ社が開発したCOVID-19ワクチンに関連した稀な血栓の原因を発見したと主張しています。その結果、血栓が発生しないようにワクチンを修正する方法も発見したと考えている。
研究者たちは、専門家によるレビューを受けていない研究の中で、COVID-19ワクチンは、アデノウイルス・ベクター(ワクチン材料の運搬に使用されるコールドウイルス)を使用しているが、そのペイロードの一部を細胞の核に送り込み、そこでコロナウイルスのタンパク質を作るための命令の一部を誤読してしまう可能性があると述べている。このようにしてできたタンパク質は、ごく少数の患者に血栓症を引き起こす可能性があるという。
フランクフルト・ゲーテ大学などの研究者らは、論文の中で、バイオンテック社がファイザー社やモデナ社と共同で開発したような、メッセンジャーRNA(mRNA)と呼ばれる別の技術を用いたワクチンは、コロナウイルスのスパイクタンパク質の遺伝物質を、細胞の核ではなく、細胞内の液体にのみ送り込むものであると説明している。”この論文では、「すべてのmRNAベースのワクチンは、安全な製品であると言えるでしょう」と述べている。
論文では、アデノウイルス・ベクターを使用しているワクチン・メーカーが、スパイク・タンパク質の配列を変更することで、「意図しないスプライス反応を回避し、これらの医薬品の安全性を高めることができる」と提案している。
ジョンソン・エンド・ジョンソン社は、メールによる声明で次のように述べています。”当社は、医療専門家や世界の保健当局と協力しながら、この稀な事象の継続的な研究と分析を支援しています。データが入手可能になり次第、検討し共有することを楽しみにしています。” と述べています。アストラゼネカ社はコメントを控えています。

参照元:
https://news.abs-cbn.com/spotlight/05/27/21/researchers-tie-cold-viruses-used-to-deliver-covid-19-vaccine-to-rare-blood-clot-risk
https://news.yahoo.com/german-scientist-believes-hes-found-204625780.html
https://us.newschant.com/us-news/german-scientists-claim-they-have-figured-out-why-some-covid-vaccines-cause-blood-clots/