Nonito Donaire delivered a vintage performance, knocking out french boxer Nordine Oubaali in the fourth round to win the WBC bantamweight champion on Sunday (Manila time), May 30, at the Dignity Health Sports Park in Carson, California.
The 38-year-old Filipino boxing sensation became the oldest bantamweight champion in boxing history and dealt the French-Moroccan his first loss.
“Being at this age is not the question. It is my ability to grow. It is not what age you are, but how strong you are mentally,” he added. “I am back. The whole time I was not fighting I was learning. I am ready for the next one.”
Donaire knocked out Oubaali with a three-punch combination at 1:52 of the fourth round, prompting the referee to stop the fight.
Before the winning knockdown, the Filipino unloaded his left hooks sending the french fighter to the canvas twice in the third round.
“I know what his pattern was,” said Donaire. “I knew exactly what he was going to do. I was able to counter properly with the left hook.”
Donaire also known as “The Filipino Flash”, improved his win-loss-draw record to 41-6-0 with 27 knockouts, while Oubaali suffered his first professional career loss as he dropped to 17-1-0 with 12 knockouts.
He is expected to get a second bout against WBF, IBF, and The Ring bantamweight champion Naoya Inoue. Donaire lost to Inoue in a unanimous decision in their first encounter last November 2019 in Saitama, Japan.

マニラ時間の5月30日(日)、カリフォルニア州カーソンのディグニティ・ヘルス・スポーツパークで行われた試合で、ノニト・ドネアがフランス人ボクサーのノルディン・オウバアリを4ラウンドでKOし、WBCバンタム級チャンピオンの座を獲得しました。
38歳のフィリピン人ボクサーは、ボクシング史上最年長のバンタム級チャンピオンとなり、フランス系モロッコ人に初の敗北を喫しました。
“この年齢になったことが問題なのではありません。この年齢であることが問題なのではなく、私の成長力が問題なのです。何歳であるかではなく、どれだけ精神的に強いかが重要なのです」と付け加えました。”私は戻ってきました。私は戻ってきました。私が戦っていなかった間、私は学んでいました。次の試合の準備はできています」。
ドネアは、4ラウンド1分52秒に3発のパンチのコンビネーションでOubaaliをノックアウトし、レフェリーが試合を止めました。
このノックダウンの前に、ドネアの左フックが炸裂し、第3ラウンドに2度、フランス人ファイターをキャンバスに叩きつけました。
“ドネアは、「彼のパターンは分かっている」と語りました。”彼が何をしようとしているのか正確にわかっていた。ちゃんと左フックで対抗できたよ」と語っています。
ドネアは「フィリピンの閃光」とも呼ばれ、41勝6敗27ノックアウトとなり、一方、オウバアリは17勝1敗12ノックアウトとなり、プロキャリア初の敗北を喫しました。
ドネアは、WBF、IBF、The Ringのバンタム級チャンピオンである井上尚弥との再戦が期待されています。ドネアは、昨年2019年11月に埼玉で行われた初対決で、井上に全会一致の判定で敗れている。

参照元:
https://cnnphilippines.com/sports/2021/5/30/Nonito-Donaire-back-as-world-champion.html
https://sports.inquirer.net/424513/donaire-makes-history-wins-bantamweight-title-with-ko-win-over-oubaali