The Philippine government is set to allow the use of Pfizer’s COVID-19 vaccine for children aged 12 to15. A Food and Drug Administration official stated that the agency will issue an amendment to the emergency use authorization granted to Pfizer in January within the next week.
According to the official, the American manufacturer applied for the EUA amendment on May20, in order to cover the aforementioned age group. He added that local experts studying the application so far have given “favorable” recommendations.
The development comes after the US Food and Drug Administration earlier this month also expanded its EUA for Pfizer’s vaccine to include those aged 12 to 15 years old in America. While, here in the Philippines, Pfizer’s vaccine is currently only allowed for use for people aged 16 and up.
The Philippines received 193,000 Pfizer doses earlier this month as a donation from the global COVAX facility, which have been distributed in several major cities, including Metro Manila. In addition, the country anticipates receiving a bulk shipment of the vaccine brand — approximately 2.2 million doses — in the second quarter.

フィリピン政府は、ファイザー社のCOVID-19ワクチンの12歳から15歳の子供への使用を認めることになりました。食品医薬品局の関係者は、同局が1月にファイザー社に付与した緊急使用許可の修正案を来週中に発行すると述べた。
この当局者によると、米国のメーカーは、上記の年齢層をカバーするために、5月20日にEUAの修正を申請しました。また、この申請書を調査した現地の専門家からは、「好ましい」勧告が出されているとのことです。
これは、今月初めに米国食品医薬品局がファイザー社のワクチンのEUAを拡大し、米国の12歳から15歳までを対象としたことを受けたものです。一方、フィリピンでは、ファイザー社のワクチンは、現在16歳以上の人にしか使用が認められていません。
フィリピンでは、今月初めにCOVAX社から193,000本のファイザー社製ワクチンが寄贈され、マニラ首都圏をはじめとするいくつかの主要都市で配布されました。さらに、第2四半期には、同ワクチンブランドのバルク出荷(約220万回分)を受け取る予定です。

参照元:
https://cnnphilippines.com/news/2021/5/27/PH-to-allow-Pfizer-vaccine-use-for-12-to-15-year-olds.html
https://www.channelnewsasia.com/news/asia/philippines-to-authorise-pfizer-covid-19-vaccine-for-emergency-14892154